fc2ブログ
おはようございます。

北九州では、梅雨らしく鬱陶しい日が続いております。

今日は、ドミノ肝移植についてお話します。

肝移植には、脳死肝移植生体肝移植がありますが
日本では、ほとんど後者がおこなわれています。

生体肝移植とは、
健常なひとの肝臓の一部を
提供してもらい肝移植をするということです。
倫理上、提供者は家族に限定されています。

家族性アミロイドーシスという病気がありまして
遺伝性の病気で、肝臓がアミロイドという
異常蛋白質をつくりつづけ、アミロイドが
30~50年にかけて身体のいろんな臓器に
たまり、神経障害や心不全等の症状を発症し
それから10年ぐらいで死亡されます。

ですから、家族性アミロイドーシスの患者さんは
若い時に肝移植をする必要があります。
この取りのぞく肝臓は、アミロイドを作る以外
肝臓の働きは正常なのです。

肝移植が必要で提供者がいない患者さんにとっては
この肝臓は、魅力的です。
もし頂けたら30~50年生きれるのですから・・・

これがドミノ肝移植です。


日本では現在、脳死肝移植は非常に少ないので
肝移植のほとんどは、生体肝移植です。

生体肝移植が受けられない移植を必要とする患者さんにとっては、
一つの方法論としてドミノ肝移植があります。

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  




テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
こんにちは
はじめまして 私は1月に子宮体がんの手術、その後 予防のためTC療法を6クール終えて 6月に術後はじめてCT検査でした はれて経過観察に…のつもりが 多発性肝転移とのコトです(泣) 小さいのが全部で6個あるようです 主治医は化学療法しかないように言っていますが ラジオ波療法や他にも選択肢があるのではと考えると眠れません 先生 転移性の場合は化学療法しかないのでしょうか?
2010/07/02(Fri) 21:33 | URL | とんこ | 【編集
Re: こんにちは
> はじめまして 私は1月に子宮体がんの手術、その後 予防のためTC療法を6クール終えて 6月に術後はじめてCT検査でした はれて経過観察に…のつもりが 多発性肝転移とのコトです(泣) 小さいのが全部で6個あるようです 主治医は化学療法しかないように言っていますが ラジオ波療法や他にも選択肢があるのではと考えると眠れません 先生 転移性の場合は化学療法しかないのでしょうか?

とんこさんコメントありがとう。
婦人科は、専門ではありませんが、私の肝ガンの治療(門脈動脈同時塞栓療法)は
転移性肝ガンでも血流が多ければ,かなり効果があります。
たとえば、昨年の9月にCEA6300あった大腸がんの肝転移の患者さんが、治療のあと
現在CEA120で肝転移は、きえています。元気です。
興味があればみせてください。
2010/07/03(Sat) 04:52 | URL | ガンちゃん先生より | 【編集
ありがとうございます
先生 ご親切にありがとうございます とても興味がありますので質問をさせてください、まず 血流が多ければとありますが、肝臓が元気ならってコトでしょうか?それと先生の治療(門脈動脈同時療法)は保険適用でしょうか?自由診療でしょうか?
先生の病院がちかければ すぐお伺いできるのですが…よろしくお願いします
2010/07/05(Mon) 22:03 | URL | とんこ | 【編集
Re: ありがとうございます
> 先生 ご親切にありがとうございます とても興味がありますので質問をさせてください、まず 血流が多ければとありますが、肝臓が元気ならってコトでしょうか?それと先生の治療(門脈動脈同時療法)は保険適用でしょうか?自由診療でしょうか?
> 先生の病院がちかければ すぐお伺いできるのですが…よろしくお願いします

コメントありがとうございます。
腫瘍の血流が多ければと言う意味です。
一般に転移性肝がんの患者さんの肝機能は、良い事が多いです。
保険はきくとおもます。
2010/07/07(Wed) 04:24 | URL | ガンちゃん先生より | 【編集
はじめまして。
腎移植や肝移植についてブログをリサーチしていたところ、貴サイトへたどり着きました。
臓器移植に関して様々なブログを読み歩いて勉強をしています。
助かる命がそこにあるのなら、少しでもお役に立ちたいと日々考えています。
こちらのサイトにありました意見や情報は色々参考になりました。
ありがとうございました。
2011/01/18(Tue) 13:39 | URL | 肝臓移植について | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック