おはようございます。

木曜日、横浜から患者さんが来られました。
肝癌が見つかり、大学病院にいったけれど、門脈腫瘍栓のため
治療不能と言われた。癌センターでは抗がん剤治療といわれた。
とのことでした。

CTを撮りますと、肝癌は左にびまん型肝癌があり、門脈腫瘍栓
門脈本管の下の方までのびています。
このままでは数か月の余命です。
矢印が門脈腫瘍栓です

肝癌と肝内の門脈腫瘍栓は治療できますが、肝臓の外にのびている
腫瘍栓には放射線治療や肝機能によりますが、外科的除去術が可能
かもしれません。と説明しました。

やってくださいとのことでしたので、来週治療することにしました
門脈腫瘍栓のある進行肝癌の場合、持続動注療法が一般的ですが
この患者さんは腫瘍栓がのびすぎていますので
私が手っ取り早く治療して、のびすぎている腫瘍栓には
他の積極的な治療をしてみようと思っています。

----------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック