おはようございます。

今日は、昨日紹介した患者さんの実際の治療を
紹介します。門脈腫瘍栓のため有効な治療ができない
とのことで、私のところに来られました。

アンギオCTしますと、やはり肝癌は1個で、右のRFAを
したところから、著名な動脈門脈シャント(APシャント)が
できており、門脈血流が逆流していました。
治療前

このままでは、門脈圧が異常に高いので、食道静脈瘤が破裂
したり、腹水の原因になったり、肝機能の悪化を招きます。

まずS4の肝癌を門脈動脈同塞栓療法施行しまして、
マイクロカテーテルを右のAPシャントの部分に進めて
コイルで塞栓しシャント血流を下げ、ゼラチンスポンジ細片で
塞栓し、APシャントを消しました。
治療後
APシャントの治療

後は、骨転移に放射線治療をしてもらいます。
肝癌の治療は、始めが肝心です。肝癌だと診断されたら
説明をよく聞き、他に治療方法はないのかきちんと調べましょう。

----------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック