おはようございます。
昨日も、忙しい外来を済ませると2例の手術が待っていました。

2例目は、東京から来られたアルコール性肝硬変患者さんでした。
東京の有名病院で、小肝癌の治療を受けておられます。

アンギオCTしますと、2個の小さい、CTAP,low, CTHA,highの
結節が見られます。シングルレベルダイナミックCTしますと
コロナが見られません。アルコール性過形成結節の可能性が
高いようです。
アンギオCT

患者さんに説明し、良性の結節のようです。今回は治療せず
経過を見ることにしますと説明しますと喜んでいられました。

アルコール性肝硬変の場合、肝癌に良く似たアルコール性過形成結節
出ることが多いのです、肝癌の診断は慎重にしないといけません。
肝癌の場合、シングルレベルダイナミックCTで真ん中から染まり
辺縁がリング状に残り(コロナ)が見られ、消えていくという
特徴的な像が見られます。

これが見られないと、アルコール性過形成結節の可能性が高く
経過を見た方が良いのです。禁酒して数年たつと消えていきます。
アルコール性肝硬変の場合肝癌の診断は慎重にしないと
いけません。

----------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック