fc2ブログ
おはようございます。

今日は、B型肝炎についてお話します。

B型肝炎ウィルスはDNAウィルスで、
慢性肝炎肝硬変肝ガンになる、
厄介な肝炎ウィルスの代表です。

日本では、ワクチンなどの普及により
減りつつまりますが、それでも人口の1~2%の日本人が
これで苦しんでいます。

世界では、まだまだ大きな問題の肝炎ウィルスです。

うつり方は、母子感染を代表とする垂直感染と、
B型肝炎ウィルスを持っている人との濃厚な接触でうつる水平感染
とがあります。
濃厚な接触とは・・・輸血や血液製剤からうつることで
今テレビでB型肝炎訴訟として多く取り上げられていますし、
B型肝炎ウィルスを持っている人との
性交も注意が要りますが、日常の接触では、うつりません。
また、ワクチンをうっておくと抗体が出来て、うつりにくくなります。

前者は、B型のウィルスのキャリアー(ウィルスの運び屋さん)になり、
慢性化しやすいのです。

後者は、急性B型肝炎になることがあります。

B型肝炎は、劇症化することがありますので、
注意が必要です。

B型は、きちんとした知識を持っておれば、
治療薬や対策が最も進んだ肝炎ウィルスですので、
それほど恐れる必要はありません。

キャリアーさんは、大人になると抵抗力が出てきて、
治る人も多いのですが、
慢性化して肝硬変肝ガンになる人も多いのです。

最近、B型のウィルスは、
かたちを変えながら人の身体(肝臓)の中で、
長く生きようとすることもわかってきています。(変異体のウィルス)

母子感染については、
出生時に、ワクチンとB型のガンマーグロブリンを
赤ちゃんに投与することで
B型の感染をブロックすることが出来ます。

治療薬としては、核酸アナログ製剤インターフェロンがあり、
核酸アナログ製剤は、飲み薬で副作用も少なく、
便利なお薬です。

今年から、公費負担制度もでき、
治療が受けやすくなっています。

前回お話しましたように、肝臓は「沈黙の臓器」ですので
自分の血液を若いうちに調べて(献血でもよいのですが)、
自分がB型を持っていないことを確認しておきましょう。

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック