fc2ブログ
おはようございます。
台風と梅雨であいにくの天気ですね。

昨日の外来では、フォロー中のB型肝炎の患者さんの
小さな肝癌を見つけました。来週治療予定としました。
ダイナミックCT
半年ごとに、ダイナミックCTを撮っていましたが、
前結節無しに、突然小さな典型的な肝癌がでてきました。
こういう発がんのしかたをデノボ発がんと言います。
私の医院では、このような発がんで見つかる肝癌がほとんどです。

ところが、日本だけでなく世界で多段階発がん説が信じられています。
肝硬変の結節が、異型結節となり、早期肝癌となり、典型的な肝癌
変化していくと考えています。

私の研究では、ごく少数の肝癌は多段階発がんしますが、多くの肝癌は
デノボように発がんします。典型的肝癌はいくら小さくても、がんですので
放置すれば、進行肝癌になり患者さんの生命を奪いますが、
国際的コンセンサスで定義された早期肝癌は、転移することなく
発育速度も遅く、典型的肝癌になるのに、0.8~5.5年の時間がありました。
あまり、リスクのある治療は必要ないのではないかと思っています。

ところが、日本中、世界中で早期肝癌だけでなく、異型結節でさえ
治療しようとする動きがあります。イタリアの有名教授が
Very early cancerの治療は、切除よりRFAの方が良いと
発表しましたが、思わずこれは馬鹿げた発表であると発言しました。
ガンでないものにリスクのある治療は必要ありません。
当然、ガンでないものを治療すれば成績は良くなりますが
治療される患者さんにとっては、ある程度生命がかかるのです。

まず、定義をはっきりさせ、どのようにするかきちんと決めないと
どの治療が良いのかさえわかりません。困った問題です。

-----------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  




テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
おはようございます。台風と梅雨であいにくの天気ですね。昨日の外来では、フォロー中のB型肝炎の患者さんの小さな肝癌を見つけました。来週治療予定としました。半年ごとに、ダイナミックCTを撮っていましたが、前結節無しに、突然小さな典型的な肝癌がでてきました。こ?...
2012/06/21(Thu) 03:51:06 |  まとめwoネタ速neo