fc2ブログ
おはようございます。

以前、ご紹介しました腎盂ガンの患者さんが
手術を終えて、ガンちゃん先生のところに帰ってきました。

この患者さんはB型劇症肝炎で、
九大できれいな娘さんの肝臓の一部をもらい、
生体肝移植を受け、生命が助かりました。

それから、私が診ておりますが、
むずかしい性格で、5、6年前に移植後、
飲まないといけない大事なお薬を飲まなくなってしまい、
慢性拒絶で黄疸が20以上となり、
九大の診断では、再移植しなければ余命三カ月と言われました。

私のところで、いろんな治療を試み、
なんとか黄疸は下がり、一命を助けることが出来ました。

でも、もともとの性格もあり、
薬は奥さんに取りに来らせるのですが、
本人は全く来ません。
さすがに、娘さんも怒って、もう知りませんと言っておりました。

でも、何か予感がしたのでしょうか。
数年ぶりにやってきました。

それで、腎盂ガン(組織は腎ガンでしたが)が見つかり、
移植後ですので、移植グループの出身の先生の居る、ある病院で
切除してもらいました。

幸いにこの腎ガンは治ります。
これでこの患者さんは三度、生命が助かったのですから、
せめて、他の人のためになる生き方をしてもらいたいものです。

日本で広く行われている、
生体肝移植は、身内からの肝臓をもらうということなので
お互いの感情の問題も入り、なかなか難しいものです。

やはり、脳死肝移植を広めるべきではないかと思います。

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
腎ガンは治るということなので安心しました
が・・・
やっぱり移植って問題がありますよね。
世の中、絶対移植って必要だと思いますが、
簡単には解決いかないのは現状ですね。
2010/05/12(Wed) 01:42 | URL | たけ(移植) | 【編集
Re: タイトルなし
たけさん
コメントありがとう。
移植治療は、必要ですが倫理上の問題や患者さんの負担や
医者の技術上の問題などたくさんの問題があります。
皆がそれぞれ自分の問題として考えて行く必要があると
おもいます。
ほとんどのガンはある時期までにみつければ、
治りますよ!年に一度きちんとした検診を受けてください。
2010/05/12(Wed) 06:08 | URL | ガンちゃん先生より | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック