fc2ブログ
こんにちは。

昨日の手術は2例になりました。

以前から、ブログで紹介しいている巨大肝癌切迫破裂
肺転移の患者さんが、巨大肝癌を治療して、ネクサバール等で
経過を診ていましたが、肺転移や肝内の転移が、広がり
咳や、全身倦怠を訴えるようになり、一時、2000代に
下がっていたAFPも28000と上昇してきたからです。

肝動脈は消失していましたが、胆嚢動脈の末梢が
肝内転移の下部を栄養していて、1.6Frのマイクロカテーテルを
進め完全に門脈動脈同時塞栓療法しました。
肝動脈造影 胆嚢動脈で栄養される肝内転移を治療しました。

右腎動脈から肝癌を栄養する動脈がありましたので
それも治療し、右横隔膜動脈から肝癌の一部と肺転移の一部が
栄養されていましたので、治療し、大動脈造影で、
下部大動脈からは、肝癌の栄養動脈はないことを確認して
右内胸動脈を調べますと、肝内転移の上部が栄養されていました。
腎動脈造影 腎動脈から肝癌栄養動脈が出ており、治療しました。
横隔膜動脈から肝癌の一部と肺転移が栄養されています。 下横隔膜動脈を治療しました。

内胸動脈の肝癌栄養動脈のみを治療し、腹壁にいく動脈は
温存しました。これで、肝内の総ての肝癌は治療しましたが
後は、広がった肺転移の治療です。
内胸動脈造影 内胸動脈造影もちりょうしました
治療後のCT肝内転移のすべてと肺転移の一部が治療できました

ネクサバールがもう少し効いてくれるとよいのですが
ほとんど効果がありません。全身化学療法で、肺転移が
消えた例を報告していますので、それも考えていますが
副作用を考えると、気が思いのです。

気管支動脈を塞栓したらどうなるかなあ・・。

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック