fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科には、
前医で治療が難しいとか治療ができないと言われた
がんの患者さまが治療の相談に来られます


本日、ご紹介もそのような患者さまです

前の病院で、肝臓がんを
去年見つけてもらって、
肝動脈化学塞栓術と放射線治療を行ったあと

その治療自体は、しっかりと治療をしてくださったようなのですが、

1年弱の経過で、
治療した病変の頭側に再発を認めました


画像の矢印の場所が再発した癌です

スライド4

この病変は場所が肝臓表面で、横隔膜近く、
横隔膜の動脈、下横隔動脈より栄養されている可能性があり、
この動脈は、挿入が難しい場合がある動脈です

スライド2

前の病院では、この病変に対する
追加のカテーテル治療は難しいかもしれないと判断、
主治医の先生が英断してくださって、岩本内科に紹介してくれました


こういう流れは本当にありがたい

スライド3

実際、血管造影をしてみると、
たしかに、横隔膜の動脈の一部が
癌の栄養動脈になっていて、
血液を供給していることが
アンギオCTで確認されました

丁寧にマイクロカテーテルを進め

抗癌剤と塞栓物質を投与します


末梢の門脈が軽く描出されるまで
薬剤投与を行えば、治療終了です

これが、質の高い肝動脈化学塞栓術、門脈動脈同時塞栓療法です

スライド6

完璧な形で薬が貯留してくれました

時間にして、30分程度で治療終了
ご高齢の方だったので、出来る限り負担をかけたくありませんでした


ご本人もいつのまにか終わってたと言ってくださいました

カテーテル治療には、技術が必要ですので、
できるできないの基準が、術者各々で変わります

できない場合でも、その他の治療手段で補う訳ですが、
できた方が良い場合も多々あるのです

この方の場合、負担を最小限にして、
しっかりと癌ゼロの状態に戻すことができました


まだまだ長生きしていただきたいと思います

本日は
日曜日なのですが、
今から、韓国で開催されるシンポジウム内で
肝臓がんの薬物治療について
英語で40分の講演と30分のディスカッション
をしないといけません

Webなので、現地には行かなくてよかったのですが・・・
ゆっくりお休みしときたかったと思いつつ、
引き受けたからには、全うします
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック