fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、
年に一度の
日本の消化器病関連の最大の学会である
JDDWに参加するために神戸
に行ってまいります

というのも、
貴重な発表の機会を頂きました

会の中で
日本と台湾と韓国の肝臓がん研究・治療の各国の代表者が
肝臓がんの薬物治療について話をするというセッションがあり、
その日本の発表者
に選ばれたのです

流石に、緊張する発表ですね・・・ガンばってきます・・汗

さて、
本日の治療のご紹介ですが、

東海地方の大きな病院からご紹介いただいた
肝臓がんを患う患者さま
です

前医では抗癌剤の全身投与が行われてきましたが、
治療はうまくいかず、
手がない状態となり、

ご本人、ご家族が探され、
岩本内科に問い合わせがありました

たしかに、今の状態は、
腹水も出ていて、肝機能が低下してきている状態で、
薬剤の全身投与は厳しい状態
でした

スライド3

薬剤の全身投与は、いま、肝臓がんでは様々使用する事ができますが、
すべて、肝機能が良好な場合でしか使えません

肝機能が落ちてきた状態での薬物治療の選択肢は
ほぼ無いのです


この患者さまも確かにそういう状態なので、
治療は難しいのですが、
充分にお話をして、
比較的、安全に行うことができる肝動注化学療法を
今回、導入することにしました


肝動注化学療法でもリスクはもちろんありますが、
薬の量の調整など、術者により細かく調整できるので、
比較的安全に行えます
そして、抗癌剤も癌に感受性があれば、しっかり効いてくれる可能性を秘めています


まず、出来る限り負担なく
治療用のカテーテルを留置します

この方は、
肝臓の右側は全てがんに置き換わっていて、
肝臓の位置が大きく変わっています

こういう方は、
肝臓の動脈も位置が大きく変わっているので、
角度が急峻になり、カテーテルの留置難易度が格段に上がります

スライド2

丁寧に、かつ、迅速に
カテーテルを留置して、
治療を開始しました


スライド6

このような肝機能があまり良くない方には、
使用する抗癌剤や塞栓剤の量も
丁寧に調整して、投与します

治療の薬剤分布も良好で、
1時間半程度で治療手技は終わりました

スライド7

翌日の採血でも肝機能の悪化はありません
これから、厳しい戦いにはなりますが、
覚悟を持った上で、
希望を胸に、戦っていきます


こういうギリギリの中で
カテーテル留置や治療は
本当にぐったり消耗します

ですが、私がやらねば誰がやる!
やるしかないのです


今日は、治療でぐったりではなく、、
発表でぐったり・・消耗する事でしょうけど・・
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック