fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は
論文掲載のご報告を

私が指導している後輩が
ガンばってくれまして

Hepatology Internationalと呼ばれる
国際雑誌に
研究論文
が掲載されました

5.jpg

Hepatology Internationalは
アジア太平洋を含む肝臓学会、通称APASLの
機関誌で、
肝臓学の領域で、権威のある国際雑誌
です

研究論文を作るのは
本当に大変なので、

“掲載可”/アクセプトのメールをもらうのは
嬉しいですね


研究の内容は、
肝臓がんの薬物療法についてです

いま、肝臓がんの薬物療法の最初に使われるのは
癌の免疫を活性化させる薬剤
です

具体的には、
テセントリク+アバスチンか
イミフィンジ+イジュドなのですが、

その他に5種類の薬剤が使用できます
残りの5種類の薬剤は基本的には
癌の血管を抑えて癌を小さくさせる血管新生阻害剤と呼ばれる部類の
薬剤
なのですが、

この5種類の薬剤も
癌の免疫にどのように影響を与えるのかを
基礎研究で明らかにした内容
です

これからの時代は、
薬をいかに繋げて、長生きさせていくかという
薬剤シークエンシャル治療が一般的には主流になってくるので、
その点において、
この研究は非常に重要な結果を示したと言えます


私たちが検証した結果で
癌の免疫を活性化させるという観点において
興味深い結果を示した薬剤は

レンビマと
カボメティクス
でした

癌の免疫の主役であるT細胞が増える
また、癌の抗原を提示する樹状細胞が増える
これらが免疫環境の活性化に重要
なのです

と、今日はこれくらいにしておきまして、
今週は、なかなか忙しく
治療ももちろんのこと、

カテーテル治療の動画撮影と
沖縄での講演
が待っています

9月、10月は学会や研究会のシーズンの一つで
大変です
今週も、さてガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

   にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック