fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
一人でも多くの人に知って頂くために、
1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
みなさま、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です
今日は、
肝臓がんの治療ガイドラインのお話
2021年に
日本の肝臓がん治療のガイドラインが新しくなりました
今回のガイドライン改訂の大きなポイントは、
癌が門脈に入り込んだ状態(脈管侵襲あり)で
他の臓器への転移が無い(遠隔転移なし)状態
ステージ4Aと診断される場合に、
外科的切除か薬物療法の二つが推奨されるとなっていて、
岩本内科で行うような、カテーテルを使った肝動注化学療法が
明記されていないという点です
一つ前のガイドラインでは、この枠に
塞栓や肝動注化学療法などのカテーテル治療も含まれていたのですが、
これらが、省かれてしまいました
別ページに、動注も許容される旨は記載されておりますが、
切除か薬物療法だけが記載される事態になってしまっています
多くのドクターは
このガイドラインに従って
治療方針を決めますので、
ステージ4Aの肝臓がん治療と言えば、切除か薬物療法・・
という事になってしまいます
ガイドラインを決める場合には、
“エビデンス”と呼ばれる科学的根拠をもとに作成します
肝動注化学療法のエビデンスがまだまだ乏しいので、
推奨されるには至らないという事だと思います
非常に残念なことですが、仕方ありません
受け止めて、、高いエビデンスで肝動注化学療法の良さを示す結果を出すほかはありません
薬物療法も良い治療ですが、
肝動注化学療法がそれに劣るとは思えません
良い治療が、推奨されないのはいかんです
何とかせねば、

救える命も救えなくなってしまいます
ブログランキングに参加してます
ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
一人でも多くの人に知って頂くために、
1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
義理の父の件
はじめまして。以前より拝見していましたが、初めてコメントさせて頂きます。
義父の体調が一〜一年半ほど前から悪く、以前も癌で手術したこと、家系的に癌で亡くなる方が多いこともあり、ずっとセカンドオピニオンを勧めていました。
そして先日100%では無いけど、80%癌でしょうとなり、9日から入院、抗がん剤治療を始めることなりました。
場所は膵臓です。難しい癌だと聞きました。少し肥大も見られ、今までの時間が悔やまれます。
今後小さくなったら手術する流れのようですが、70歳の義父の体力もあるため、以前から切らずに治療ができる方がいいのではと、こちらを拝見していました。
膵臓がんにもカテーテル治療は可能なのでしょうか?今すぐの話では無いので、本当にご都合の良い時がありましたら、お返事いただけたら嬉しいです。
お忙しいとは思いますが、ご自愛ください。
2022/02/05(Sat) 02:47 | URL | 福岡の嫁 | 【編集
Re: 義理の父の件
コメント、ありがとうございます。
膵臓がんに対しては、基本的には全身の抗がん剤治療が最もよいと考えています。
そのような中で、動注化学療法も、治療選択が無い場合には検討しています。そのような際はいつでもご連絡ください。

義理のお父様の治療が少しでも良い方向に向かうことを願っています。

2代目ガンちゃん先生
2022/02/24(Thu) 21:38 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
お返事ありがとうございました
お返事いただいたにも関わらず、お礼が遅くなりました。
先日一連の抗がん剤治療を終え、少し小さくなったため手術も可能かも?となりましたが、血管の巻きつき具合によってはできないかも。そして何より副作用がキツく、ご飯も食べれず、体力が落ちてしまって…手術は難しいかもとなっています。
手術ができなければ、鳥栖にある病院で違う治療だと医師から進められたとのことでした。
家族で話し合っていきたいと思います。本当にありがとうございました。
2022/04/10(Sun) 15:31 | URL | 福岡の嫁 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック