fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

急に寒くなってきましたね
秋を飛ばして、
冬が来た感じです

こう気候が変化してしまうと、
体調を崩す方が増えてしまいます


せっかく新型コロナウイルスの発生が落ち着いていますが、
またすぐに第6波が来ない事を祈ります
もう波は来なくて良いですよね

新型コロナウイルスが落ち着くと、
予定されていた研究会や学会が現地参加になります


現地参加は、やはり望まれるべき姿で、
会としては良いのですが、

Webで参加するつもりが、現地参加に変わると、
予定が変わってしまって、不安になってしまいます


日常に戻るだけなのですが、コロナ慣れの生活から戻るという事も
やっぱりストレスがありますよね


今日のご紹介は、

関東地方からご来院

前医では、全身の薬物治療しかないでしょうと言われた患者さま

癌は
肝臓の右側に6-7cm大
門脈に浸潤
肝臓の左側に中心が黒く抜ける
性質があまり良くなそうな癌が一か所


門脈浸潤部は前医で放射線治療をしてくださっておりました

その後に、岩本内科にご相談に来てくださいました

スライド3

進行がんであっても、
こういう癌がある程度限られた状態のときは、
岩本内科のカテーテル治療が最も力を発揮できますので、
治療させていただきました


まず、肝臓の左側にある癌は
門脈動脈同時塞栓療法を


1回の治療で、腫瘍及びその周辺の領域は完全に壊死

肝臓の右側は
カテーテル留置をして、
New FP療法を行いました


2ヶ月程度の治療でほぼ完全壊死
今回、追加の門脈動脈同時塞栓療法を行い、
カテーテルを抜くことができました

スライド6


このあと、状況が許せば
外科の先生に病変部を切除して頂ければ
完全勝利パターンに入ります

肝臓がんが進行した状態であっても、ある程度限局した状態であれば、
高確率で癌ゼロ目指せます

他にない治療戦略と改めて思います

貫きます!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック