fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

今日は、久しぶりに
患者さまの治療の経過をご報告

本日ご紹介の患者さまは、
近隣の病院からご紹介頂いた

進行肝臓がんの患者さま

1年数か月前に
始めて肝臓がんを指摘


画像では、最大腫瘍が20cm
多発する状態で、ステージ4A


スライド2

前医では手の施しようがないとのことで
岩本内科にご紹介くださいました


確かに、かなり進行した状態で、
通常であれば余命はもって2-3ヶ月と言われても
仕方ない状況
かと

岩本内科では、
こういう癌の状況には、

まず癌を抑え込む力の高い
カテーテル治療を導入します


スライド4

カテーテル留置を行い、
肝動注化学療法 New FP療法を行いつつ
門脈動脈同時塞栓療法

加えていきます

肝機能が落ちない様に
丁寧に治療を行い、

ある程度の腫瘍制御がついたところで、
この方の場合は、

テセントリク+アバスチン療法という
免疫チェックポイント阻害剤と抗VEGF抗体の組み合わせ治療を
導入


導入後、半年の経過でテセントリク+アバスチン療法の効果が薄れてきたので、
今回、再度、カテーテル治療を加えて、

次はレンビマを導入しようと思っています

今で当院治療から14か月経過です

戦いは続きますが、余命2-3ヶ月の状態から、
本当に患者さまもめげずにガンばって頂いております

素晴らしい!

いま、点滴や内服など様々な全身の治療が
肝臓がんでは使われます

私ももちろん使いますが、それをどのように使っていくか、
この方の場合は、

最初は癌を制御する力の高い
カテーテル治療を最初に導入したので、
うまく良い流れができました

どう使うかがポイントです


とにかく、元気にこれからも
お過ごしいただきたい

その一心です


今日は、私の父であります
初代ガンちゃん先生の命日
です

岩本内科を遺してくれた感謝と
これからを思うと身の引き締まる思いです


今日も、治療です
さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック