fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、こんちには
2代目ガンちゃん先生です

やる事がいっぱいで、
気付けばブログ更新まで手が回らず・・
すみません

今日は、
進行肝臓がんの飲み薬の一つ
レンビマ
のお話

レンビマは、
2018年に日本で使用できるようになった
癌の血管を抑える薬剤です

癌を小さくさせる(血流を落とす)効果は、
30%-40%となかなか強力で、
良いお薬です
その反面、副作用の管理が重要な薬です

最近、私が思っているのは、
レンビマの内服が必要になった方でも、
必要な方は
途中でカテーテル治療を入れた方が良いのではないかと
いうことです


レンビマ単独では
癌を小さくさせる力は30%以上ありますのですが、
癌をゼロにする力は数パーセントしかありません

ですので、
小さくなった癌にとどめのカテーテル治療という組み合わせです

またレンビマ単独では、
癌を大きくさせない力は60-70%ありますが、
それでも、徐々に大きくなってくるのが癌です


レンビマを内服しながら徐々に大きくなってきた場合には、
病気の勢いを抑えるためにカテーテル治療
この組み合わせも良いようです


たとえば、
この方、

もともと前医で、カテーテル治療が効かなくなり、
レンビマが導入された肝臓がんの患者さま


レンビマを単独で1年間ほど内服され、
その後、岩本内科を受診

残存した癌に対して、
半年に一度程度、
岩本内科で門脈動脈同時塞栓療法
行いました


カテーテル治療の間はまたレンビマを
内服して頂いております


もともと5cm程度あった癌とその他にも多発していた癌は
2個まで減り、その2個も今は
かなり縮小しています


今回、改めて、もう一度門脈動脈同時塞栓療法を行いました

川本英泰

カテーテル治療との組み合わせを始めて1年以上たち、
レンビマを始めて内服してからは2年以上たちます

レンビマだけでなく、臨機応変にカテーテル治療を介入させる事も
重要なのです


一つの治療に固執せず、
一番良い治療選択を一番良いタイミングでできれば
それで良いのです


今日は、夕方から北九州地区で
発表講演の機会を頂きました
うまく伝えられるよう、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック