FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、外来をしていて
よく感じることを一つお話します

心と体の関係についてです

たくさんの患者さまを診療していて思うのは、
体はあくまで乗り物でしかなくて
心あっての体なのだという事です

50歳、60歳と年を経て
体のメンテナンスをしない事自体が、
人としての傲慢さの表れなのではないかと
私は感じることがあります

車に置き換えて考えてみますと、
車の場合、数年に一度車検があって、
ちゃんと点検してもらう訳で、

なんなら、10年くらいたつと
新しい車に乗り換えます

人の体は乗り換えられませんので、
乗り物である体をより大事にするべきなのです

外来をしていますと、
体を大事にしていない方が多い・・

時にはメンテナンスしないと、
そりゃ、ガタがくるでしょう

他人を大事にするだけでなく、
自分も大事にしないといけません

心と体、心の状態と病気というのは
とても綿密につながっているのです

たとえば、
いつも神経質で、せかせか、
イライラしている人は、
交感神経がいつも活発に動いていますので、
高血圧、心・血管系の病気になりやすいですし、

自制心が弱い人は、
自分の生活の制御がしづらいですので、
生活習慣病に陥りやすいのです

癌に関しても
全部がそうではありませんが、
そういう一面もあります

病気と心を考えてみますと、
もともと生まれつき持っている
心の性質も影響するので、
そう簡単にはいきませんが、

こんな風に考える事は
とても大切な事ではないかと
私は思っています

言い換えると、病気を通して
自分の心を見ることも大切なのではないかと
思います

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック