FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
くたびれピークの日曜日の朝の
2代目ガンちゃん先生です

本日、ご紹介するのは
残念ながら、
狙った血管に挿入できなかった
治療症例
です

私、2代目ガンちゃん先生は
年間600件以上の
癌カテーテル治療を行いますが、
治療できずに終わるという事は
ほとんどないのですが・・


この方は
3年弱前に

地元の病院で
肝臓がん ステージ4Aを宣告された方です
通常の余命は半年から1年というような
癌の状態でした


スライド7

地元の病院では積極的な治療は難しいとのことで、
岩本内科医院に来院

カテーテルを留置し
肝動注化学療法(New FP療法)

門脈動脈同時塞栓療法
を行い、

半年程度の経過で、癌はゼロに!!
時折、再発はありましたが、

現在3年目になります


今回、腫瘍マーカー(採血で分かる癌の数値)
やや高値が続くので、
詳しく調べたところ

肝臓の後ろ側
下大静脈のすぐ傍に
15mm大の再発病変がありました


スライド9


早速、血管造影を行ったところ、
どうやら、、

肝臓の中の病変ではなくて、

右副腎への転移病変

右下横隔動脈から分かれる上副腎動脈が
癌の栄養動脈でしたが、

この右下横隔動脈が
年齢による動脈硬化の影響で
閉塞していたのです


閉塞してしまっていて、
別ルートである
下副腎動脈から細い枝を介して
上副腎動脈
右下横隔動脈に血流が入っている
状態でした


スライド12


現在使える最も細いカテーテルで

挿入を試みましたが、
挿入できず、、

安全に門脈動脈同時塞栓療法が行えないので、
今回は治療できませんでした

悔しいですが、仕方ありません


この場所だと、
放射線治療も外科的切除も
どちらも有効なので
他の手段で根治を狙い
ます

できれば、一つの治療手段でうまくいけば良いのですが、
今回の様に、物理的に治療が難しいという場合が
どうしてもあります


腕を磨くという意味では、できる限り
そういう事にならないように突き詰めるのですが、、

そういう時は
こだわらず、他の最も良い治療手段に委ねるべきだと
私は思います


と、言いつつも、どうやったら
カテーテルを入れる事ができたか思い悩むのですが・・

絶対に、うまくいきます

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
肝癌発症から3年弱
岩本先生、いつも父がお世話になっております。題名通り、発症してから、そんなに経つんだなと思いました。3年弱の間、父自身、沢山痛みに耐えて、気持ちに葛藤して、苦しんで悩んで、聞いてて、辛くなることもありました。でも、それでも必ず最後には、「岩本先生を信じて頑張る!家族皆の為に頑張るから!」と頑張ってくれている、本来なら余命1年位しか生きられなかった父が、生きてくれている。本当に岩本先生含め、岩本内科スタッフ様に感謝しかありません。

今回の転移について、治療含め、聞いた時はとても辛かったです。
父も辛かったと思います。ですが、昨日紹介して頂いた、病院に行き、素敵な先生だったと言ってました。手術も頑張ると今から、前向きな 気持ちでいてくれています。

関西で距離もあるため、沢山不安もありますが、毎回、ブログにあげて頂き、拝見し、現状が確認出来ます。とても有り難いです。

コロナや天候の悪化など、色々大変ですが、岩本先生はじめ、山口先生、看護師さん、皆さん無理されないように。常、ニュース等で大丈夫かな?と心配してます。

これからも、父を宜しくお願い致します。
2020/07/08(Wed) 11:24 | URL | T仲良し家族(娘) | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック