FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

また新型コロナウイルスの感染者の数が増えています
新型コロナウイルスの対策ですが、、
東京都や首都圏だけ他県との往来を制限
しないと、必ず全国に
また広がります

政府や都の対応に疑問を感じます


ま、それはさておきまして、、

本日のご紹介は、、

私が3年治療している
肝臓がんの患者さま


この方は、
関西地方にお住いの方で、

3年前に
前医ではカテーテルの治療がうまくいかず、
ステージ3の状態で
岩本内科に来られた方でした

そのまま治療がうまくいかないと、
余命は1年・・といったところだったと思います


最初の治療ももちろんうまくいき、
外来で経過を見ていましたが、
今回、1年ぶりに再発してきたので、
ご入院頂き、加療です


早速、血管造影とアンギオCTを行いました

癌の状態は、
肝臓のS8と呼ばれる場所に 5-10mm大
肝臓のS1と呼ばれる場所に 10-20mm大

病変です

スライド5
スライド6

ステージ2の状態です

このS1というのは、
カテーテルを挿入するのが比較的難しい場所なのですが・・・

マイクロカテーテルを使って、
癌の存在する肝臓領域の動脈に選択的に挿入します

そして、薬剤を投与し、
塞栓物質を投与し終了です

スライド7


これが、門脈動脈同時塞栓療法です

最後のCTを撮って
100点の結果かどうか確認して終了です

1時間もかからず治療は終わりました

これらの治療はすべて、保険診療内で終わります


カテーテルを使った治療
肝動脈塞栓術は根治的でないというのが一般的なのですが、、
門脈動脈同時塞栓療法のやり方だと、
根治が得られる治療だと思います


日曜日、、子供たちと遊ぼかな
幾つかプロジェクトも抱えているので・・しなきゃです・・(汗


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

コメント
こんにちわ。
いつも密かに拝見させていただいていました。
はじめてコメントさせていただきます。
一つお伺いしたいことがあって、コメントさせていただきます。
門脈動脈同時塞栓術なんですが、末期ではもう無理でしょうか?
2020/07/03(Fri) 14:25 | URL | yuriana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック