FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌カテーテル治療は、

肝臓がんだけでなく、
他の癌の
肝臓への転移
でも
行えます


全ての癌は
動脈から栄養され、大きくなってしまいますので、

その癌の動脈から
直接抗がん剤を流すのが
カテーテルを使った動注療法なのです


と言いましても、
多くの癌は
抗がん剤の全身点滴、内服が
標準治療ですので、

まずは点滴や内服などを行って頂き、
それでも効果が無い場合に、
当院で積極的に治療を行っています


肝臓がんは
とても動脈血流が豊富な癌として知られるのですが、

転移性肝がん(ほかの癌から肝臓に転移した状態)では
一般的には動脈の血流が乏しいと考えられる癌もあります


しかし、
岩本内科で行うアンギオCTで評価してみますと
案外、そういう癌でも動脈の血流がかなりある事が分かります


ですので、やっぱり全ての癌は動脈から栄養されるのだと実感します
つまり、動脈から抗がん剤を流す
カテーテルを使った動注療法であれば、癌に直接抗がん剤を投与する事ができるのです


乳がん、大腸がん、子宮がん、胃がん、食道がんなど
様々な癌が肝臓に転移した状態、転移性肝がんの治療が
岩本内科では行えます


もちろん、転移する状態ということは、
肝臓以外の臓器にも転移してくることもありますので、
全身化学療法とうまく組み合わせながら、
動注療法を行う場合もあります


治療でお困りの方がおられましたら、
岩本内科にお問い合わせください。


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック