fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

多くの進行癌は
点滴や内服の抗がん剤治療です

点滴の抗がん剤は
静脈に投与され、心臓に入り、
肺を通過して、心臓に戻り
全身に分布します

内服の抗がん剤は
腸から吸収されて、
門脈を通って、肝臓に
そして、心臓に入り、
肺を通って、心臓に戻り
全身に分布します

癌というのは
そもそも動脈から
血液、栄養をもらって
大きくなりますので、

点滴や内服の抗がん剤が投与されても
癌の動脈には、
全身をぐるぐる回った後でしか到達しないのです

もちろん、それでも一定以上の効果がありますので、
標準治療なのですが・・・

岩本内科で行う
カテーテルを使った抗がん剤の動注療法というのは、
動脈に直接、細い管を挿入して、
癌の動脈に一番近いところまで到達して
抗がん剤を直接投与したり、
癌の動脈を詰めて兵糧攻めにします

前述した、点滴や内服の抗がん剤が
全身をぐるぐるめぐってやっと癌の動脈に到達しているのを、
カテーテルという技術を使って、省いているのです

ですので、
全身の抗がん剤治療が効かなくなった
大腸がん、乳がん、子宮がん、胃がん、食道がんなどの
肝臓に転移した状態などでも
動注療法だと効果がでる症例を多く経験します

また、
肝臓以外に転移した状態でも、
癌はどこに転移しても
動脈から栄養を受けますので、

その栄養動脈さえみつかりさえすれば、
直接抗がん剤を動注する事ができます

たとえば、
脊椎に転移した肝臓がん

スライド3
上の画像が肋間動脈の血管造影です。
下の左右の画像が脊椎転移のCT画像です。脊椎はCT画像の下真ん中の白い場所です。そこに転移があります。


肋骨の動脈からこの癌は栄養されていましたので、
その動脈までカテーテルを挿入し
直接、抗がん剤を投与します

スライド2
上の画像が肋間動脈の血管造影です。
下の左右の画像が脊椎転移のCT画像です。脊椎はCT画像の下真ん中の白い場所です。そこに転移があります。



もちろん、
点滴や内服で抗がん剤治療を行う方が
簡単です

癌の動脈を探して、
カテーテルを挿入し、抗がん剤を投与する
なかなか骨の折れる作業ですが、
それだけの価値があるのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック