fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

ここ3週間で
6個の講演や発表が
ある予定で

どうなることやらと
思っていたのですが、

そのうち、2つの研究会、講演は
コロナウイルス対策の影響で
中止になってしまいました


もう準備をしていたものもあったので、
それはそれで
複雑な心境ではありますが、
ま、6個は多すぎたので
良しとします


今日は
趣向を変えまして、
心の傾向性のお話を

ヒトには
生まれ持った
その人それぞれの
考え方というか気質というか
心の傾向性というものがあるように
思えます


たとえば
私で言いますと、

気になる事、考え事があると
それをずーっと心の中で考えてしまいます

楽観的に捉えられず
どちらかと言えば、マイナスの方向から
考え事をしてしまう事も多いのです

こんな風に
思い返してみると
その人それぞれに
考え方のパターンであったり、
その考え方にもとづいた行動パターンであったりと
一定のその人らしさ
心の傾向性があるように思います


仕事場で
責任ある立場を任されたとき、
病気を宣告されたとき、

いろいろな場面で、
その傾向性に沿った考え方や行動を
無意識にしてしまいます

私が思うのは、
そういう傾向性というのは
あって当然。
それがその人らしさでもあるかとも思うのですが、

そういう自分の心の傾向性を
知っておくという事は
とても大切なことだと思います


自分の心の傾向性を知らないまま
過ごしていますと、
その傾向性に振り回されてしまう場合が
多々あります


必要以上に考え込む傾向性があり、
それを知らずに考え込みすぎると
良い方向には向きません

責任感を強く感じすぎる傾向性があり、
それを知らずにどんどん責任を背負っていきますと
つぶれてしまうかもしれません

自分のことは顧みない傾向性が強すぎると、
自分の体を壊してしまうかもしれません

ですので、、、、
自分の心の傾向性を知るということはとても大切なのです

・・・
ですが、順風満帆のときに
人はそんな事は考えません


自分の心の傾向性ってなんだろう??なんて、
考えるのは、
自分に何かあったときでしょう


例えば、病気になった時とか、
とても落ち込んだ時とか、、

病気になるとか、
落ち込むとか、、それは、
自分のことをもう一度見つめなおす時でもあるのだと
私は思います


ですので、そんな時間も人生には必要なのだと思います。
そんな時間も人生の糧になるのです


まぁ、なんか
そんな話をしたい気分だったのです (笑

さて、本日もガンばりますか!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック