fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、大阪にきています
お昼から、
患者さま向けの講演があります

その前に、、
本日ご紹介しますのは、

とっても
治療がうまくいった
肝臓がんの治療症例

この方は、
関東在住の方で
前医のカテーテル治療では
なかなかうまくいかず、
当院で治療を開始している方です

これまで何度もカテーテル治療が行われているので、
動脈が非常に細くなってきていて、
とても治療が難しい状況です

今回は、
肝臓の真ん中の一番深い場所に
癌が出来ています

スライド3

血管造影で癌の動脈を探したところ、

スライド2
スライド4

非常に細い、ひげのような動脈が
癌を栄養しています

いま使える一番細いカテーテルよりも
細い、おそらく0.3mm程度の動脈でしょう

この動脈にカテーテルを挿入するのは至難の業です

そこで、
数年前に開発された特殊なカテーテル

カテーテルに風船がついていて、
風船を膨らませると
その先に薬が流れなくなるしくみになっているカテーテルです

その名も ロゴススイッチ

このカテーテルを使い、
今回の癌の動脈が分岐している先で
風船を膨らませます

そして、膨らんだ風船の後ろから
薬が流れ出ますので
ちょうど、癌の中に薬がたまっていきます

膨らんだ風船のおかげで
カテーテルの先には薬剤が流れていきません
門脈動脈同時塞栓療法を行います

治療後ですが、
癌だけに薬がしっかりと入りました

スライド5

うまくいきました!!
これは、ガッツポーズですね♪♪

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック