fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんばんは

ボストン滞在中の
2代目ガンちゃん先生です

いま、こちらは朝の5時です
時差ボケがすでに始まっています

昨日、12時間ほどのフライトを経て、
ボストン入りしました

ボストンの感想は・・・

寒い!!

すでに、マイナス3度!!
凍えてます (笑

昨夜は早速、
ボストン名物の

クラムチャウダー・・
(写真を撮り忘れちゃいました)

ロブスター・・・

IMG_2987.jpg

そして、
Cherry Stonesという
生はまぐり


IMG_2982.jpg


なかなか美味しい

今日は一つ目のポスター発表日です、

一つ目のポスターは
岩本内科で行っている
進行肝臓がんの治療
肝動注化学療法 New FP療法と


内服のお薬
ネクサバールの治療効果の比較
です

とくに、肝臓がんで最も進行した状態の
Vp3、4 門脈一次分枝、本幹浸潤の方に絞った比較
です

門脈本幹に癌が浸潤してしまうと
肝臓に栄養が行き届きませんので
数か月で肝不全になってしまう状態です

未治療で3-4か月で命を落とします

私の検証では、
ネクサバールでは6.6か月

私が行うNew FP療法では14か月

14か月と聞くと
たったの1年ちょっとのように思えるかもしれませんが、

未治療で3-4か月で命を落とす状態で、
全体で14か月の成績が出てくるということは
かなりの数、もっと長期に生存できている方々がおられるということなので
素晴らしい結果なのです


成績に非常にインパクトがありますので、
このアメリカ肝臓学会でも採択されたんだと思います


おそらくVp3,4という非常に進行した状態の進行肝臓がんで
これまで世界で報告されてきた中で、
もっともよい治療成績だと思われます


このアメリカ肝臓学会はポスター発表でも
非常に敷居が高く、
基本的には、カテーテルを使った治療が
このアメリカ肝臓学会で採択されることは非常に稀なのです


帰ったら、岩本内科に
ポスター貼っておきますね

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック