FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

肝臓がんに
様々な抗がん剤が使われるように
なってきています


例えば、
ネクサバールや
レンビマ
と言った内服の薬剤です

とても良い薬と私も思いますが、
今のところ、
肝機能が良い患者さまにしか適応がありません


肝機能が悪いと、
内服が継続出来ず、
副作用が強く出てしまうからです


では、肝機能の悪い人で
肝臓がんが多発する場合には
、、

岩本内科では
門脈動脈同時塞栓療法を行いながら、
制御しきれない場合には、

カテーテルを留置して
肝動注化学療法を行います


この方の場合も
2年前、
前医で治療を繰り返されていましたが、
治療が効かず、
多発してきたので


スライド5

岩本内科に来院された方です

中国地方に在住の方です

まずは、丁寧に
門脈動脈同時塞栓療法を行っていましたが、

もともと肝臓の機能が悪いため、
なかなか癌に対してしっかりとした治療ができません

そこで、
カテーテルを留置し、
肝動注化学療法 New FP療法を
行っています


2年の経過で
肝機能は落とさずに、
治療が継続できています


多くの施設では、
動注化学療法という治療方法をもたないので
肝機能が悪い場合には、

内服の抗癌剤が使えませんので、
軽めの肝動脈塞栓術
もしくは
さじを投げるの

どちらかになってしまいます



肝機能が悪いと
全部、動注化学療法が良いと言っている訳ではなく、

と言うよりも
肝機能が悪くても簡単に治療ができないという事にならない為に、
出来る限り多くの治療選択肢を持っている必要があるということです


地道に啓蒙活動を続けます
一歩ずつ、一日ずつ
広まっていくのです

と信じて
本日も
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック