FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

年明けの外来は
大忙しです

先週の土曜日は
午前中だけで
100名の患者さまが


インフルエンザも流行ってます
充分、ご注意ください


肝臓がんの治療
ラジオ波焼灼療法があります

早期肝臓がんの治療で
外科切除の次の選択肢として
選択される標準治療です

電極の付いた針で
肝臓内の癌を熱で焼く治療
です

私の父である初代ガンちゃん先生は
この治療方法は好きではなかったのですが・・(笑)


小さな癌では外科切除に匹敵する治療効果が
報告されていますので良い治療方法であることは
間違いありません


なぜ、初代ガンちゃん先生は好きでは無かったかというと、
ラジオ波治療は
癌を串刺しにし、
熱で焼くという
その工程が
癌の性質上良くないと思っていたからです


出来る限り癌を触らずに治療するべきと考えていた訳です

最近は、癌に触れずに焼く
新しいラジオ波治療も行われています


さて、
今回ご紹介の患者さまは

ラジオ波治療後の
良くない再発の方
です

ラジオ波治療の焼き痕の
すぐ近くに再発し、その再発が
門脈内に入り込んだ状態


2

こういう事が
治療の性質上、起こり得るという事を
治療者は認識する必要があります

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法 New FP療法

を開始します

1

ずいぶん難しい動脈でしたが、
完璧にカテーテル留置を行えました

薬の分布も良好です

3


外科切除でも
ラジオ波治療でも
カテーテルを使った治療でも

技術を要する治療方法というのは、
常に謙虚に、正確に
腕を磨き、今の自分の腕に満足することなく
探究しなければなりません


“道を究める”です

明日から本始動です
今年も・・・・・

さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
先生のプログを拝見して、患者としても、「がんばるか。」と思います。昨年、ある高名な癌治療研究者の講演を聞く機会がありました。その方も、お父様と基本的な考えが同じなのでしょうか、冷却法と焼却法を比較すると、焼却法は熱による癌の性質変化が起こる可能性がある、という説明をされていました。治療される先生方は、各種の可能性を頭に入れて取り組んでおられるのですね。
お忙しい毎日かとは思いますが、どうぞ、ご自愛もなさって下さい。
2019/01/08(Tue) 17:00 | URL | 寧 | 【編集
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。
凍結療法のお話だったんですね。確かに焼灼では熱による細胞の変性、圧があがるため癌が飛散するリスクがあります。大変高名な先生なのだと思います。凍結療法は確かにそれらの点では長けている治療です。治療にかかる設備の費用が高いことと癌にやはり針を刺さないといけない点がなかなか治療が広まらない原因だと私は考えています。

色々な懸念を考慮しながら治療を進めていくのが、その道のプロフェッショナルだと私は思っています。
ありがとうございます。ガンばります
2019/01/18(Fri) 18:42 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック