FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は本当に大忙しで
今日はお疲れモードで
仕事しています (汗)


なんか
難しい治療が多いのです
最近・・・

漫画の世界みたいに、
自分が強くなればなるほど、
強い敵が現れるみたいな
そんな感覚です


でも、今のところ
負けてはいません


本日ご紹介する患者さまも

血管が難しくて、
カテーテル留置ができないかな・・
と思わせられた方です


肝内胆管癌で切除された後に
再発してきた患者さま


2ヶ月前に治療不能と
前医で言われ、
今回、来院されてきました

非常に進行の早い癌ですので
早急に加療を開始



肝内胆管癌は
現代の難治ガンの一つなので
厳しい戦いになりますが、

ご本人、ご家族とよく相談し
治療を始めました

血管造影をして、評価してみますと
肝臓内には無数の癌が・・

2


そして、動脈はぐるぐると蛇行していて
動注療法の為の
カテーテル留置さえも難しい状態
です

1


コアキシャル法という
マイナーな留置方法
をつかって

留置しました

3


動注化学療法の為のカテーテル留置には
いくつか種類があって、

通常、GDA先端固定法が主流ですが、
ほかにもあって、
投げ込み法、
コアキシャル法
システムI


岩本内科では
これらの方法を駆使して留置を行います

ですので、留置できない、治療ができない事は無いのです

台風がきてますので、
みなさまも充分、お気を付けくださいね


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
看護師です。
血管造影って一時的にはco-axialですよね。
TACEしかりsystem-Iしかり…
(^^)
2018/10/10(Wed) 08:03 | URL |  | 【編集
お返事
コメント、ありがとうございます。
一時的にはco-axial・・・なかなか深いコメントです。
一度お話してみたいですね。
system-Iまで理解されているとは、いったい何者でしょう (笑) 
ありがとうございました。
2018/10/10(Wed) 22:16 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック