FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

目の回る忙しさで、
とっても充実しています♪


そういえば、
以前の記事で
取材を受けに東京に行ったことを書きましたが、
そのプレ映像が届きました


なかなか良い出来で・・恥ずかしい限りですが
お楽しみにしてください・・♪

それと、
今日の読売新聞に
岩本内科の記事が載るそうです


岩本内科で北九州マラソンに
参加したことを取り上げられたそうです


私も詳細は知りませんが・・・どんなでしょう

本日、ご紹介しますのは

門脈本幹浸潤を伴った
進行肝臓がん


今回初めて
癌を診断されたのですが、
診断された時点で極めて進行した状態だったのです

関東地方から来院されました

岩本内科に問い合わせが来ましたので
急いで来院して頂いて・・

準緊急的に
治療を開始しました


門脈本幹浸潤の進行肝臓がんは
少しでも早く治療を開始したほうがよいからです


さて、
血管造影を行い、

1

アンギオCTを行い、

2

状態を正確に把握します

安全にカテーテルを留置する為
胃、十二指腸などに流れる動脈は
金属コイルでコイル塞栓します

最後に、留置カテーテルを留置して
終了です

3

薬剤の分布も良好、
戦いが始まります


岩本内科では
前医で診断され、治療の流れになった上で、
来院される場合が多いのですが・・・

この方もそうでしたが、
前医の治療までの流れを見てみますと

多くのケースで、
初診から診断、治療までに
1ヶ月以上かかるケースを散見します


門脈に浸潤した肝臓がんの場合は、
いち早く治療を開始する必要があるのですが・・・

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
毎日新聞⇒読売新聞のまちがいでした
すみません。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック