ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

そういえば・・・
息子が
小学校の新一年生に♪

大きめのランドセルを
背負って登校する姿は
かわいくもあり、
そして・・
成長を感じます・・・


さて、
本日のご紹介は

ちょうど1年前
岩本内科に来て下さった

進行肝臓がんの患者さま

腹痛があって
前医を受診

門脈に入り込んだ15cmの肝臓がん
一部破裂していて、
すぐにでも出血で命を落とす状態でした

破裂していた場所を
前医では治療出来ず、


岩本内科に来て下さった経緯でした

緊急的に
破裂した場所を止血
し、
カテーテルを留置し

New FP(肝動注化学療法)と
可能な箇所の門脈動脈同時塞栓療法


肺転移もありましたので
それらは
気管支動注
ネクサバール、スチバーガー


集学的な治療で
いま、1年経過です


破裂の状態ではそのまま命を落としてもおかしくありませんし、
癌の状態としても余命は数ヶ月と言える状態でしたから
非常によくガンばられています


今も、肝臓の中は
ほぼ癌が無い状態ですが、

肝臓が問題ない代わりに、
肺と
腹膜播種
が問題になっています

肝臓がんが破裂すると、
お腹の中に癌細胞が散らばる可能性が高く、

腹膜播種が出てくることがあります

今回は、
腹膜播種の腫瘍が
急速に大きくなってきたため
動注化学療法を行いました


DSA
CT post

胃十二指腸動脈の枝が
癌の中に入り込んでいるのを
アンギオCTで確認
持続動注
です

“あきらめない!”

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
肝臓ガン告知から2年
先生の重なる治療のおかげで今日で告知を受けてから2年です。
2年前に地元の病院で突然の告知をうけ、すぐにネット検索で岩本内科医院のブログにたどり着いたのが、幸運でした。
破裂寸前の20cmもあるガンでした。寸前まで、体調不良はなかったために、本当に静かなる臓器ですね。
岩本内科医院に土曜日に初診!2時間後には、先生の素早い判断力で、手術を受けました。土曜日午後休診なのに、手術にかかわるスタッフさん全員に快く承諾をいただき、(stage4、余命数か月)からの現在があります。
仕事も普通にできています。先生の最善の治療のおかげで、2年前にしくしく泣いていた娘たちは、現在は、安心して心配もしてくれなくなるくらいです(笑)
先生には、「これからも、まだまだ大丈夫ですよ」と言っていただき感謝に堪えません。本当にありがとうございます。
2018/04/18(Wed) 14:55 | URL | Y | 【編集
Re: 肝臓ガン告知から2年
Yさん、コメントありがとうございます。
2年ですね・・本当によくガンばられてます。一番、ご本人のガンばり、ご家族の支えです。
まだまだ、ガンばりますからね
2018/04/25(Wed) 08:06 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック