FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日、ご紹介の患者さまは
関西地方から来院された
進行肝臓がんの方です

各地から
岩本内科の治療を受けに来て下さって
本当に嬉しい限りです


この方は
2年前に肝臓がんを指摘、
塞栓術とラジオ波治療
前医で何度も受けて来られた経緯です

数ヶ月前から
癌が肝臓の門脈内に入り込んだ状態
になり
放射線治療を受け、
その後も肝臓内に多発するという事で

mae DSA

岩本内科に来られたのです・・・

外来で造影CTを撮り、
ある程度癌の状態を把握し、

入院でアンギオCTを撮影してみますと、
再発を無数に認めます

angio CT

また、癌の影響と
放射線治療の影響で
左の門脈は血流がありません


ステージ4aの状態と判断し、

リザーバーカテーテルを留置し、

New FP療法・・肝動注化学療法を開始しました

go

癌が門脈に入り込んだ状態では
月単位
3-6ヶ月で
肝不全になり得ます


強調文肝不全と言うと命に関わる状態です

標準治療薬であるネクサバールでは
プラス2-3ヶ月の延長効果
が認められます

New FP 肝動注では
全体の数値で20-30ヶ月の結果が出ています


New FPの治療成績は
他の治療の数倍良い治療成績なのですが・・・

実際に具体的な数値を出して、患者さまに話すと
20-30ヶ月でもそんなくらいのものですか・・・と返されることがあります


これは確かにそうで・・・

患者さまからしたら
所詮、20-30ヶ月
2年やそこら・・って感じてしまうのです


20-30ヶ月の数値が治療成績として
出ているのは凄い事なんですが
・・・それは医療者側の考えなのです

もっと患者さまに理解できる話し方があるはずです
良い医療の探求は続きます

本日も
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック