ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます!
2代目ガンちゃん先生です

日曜日の朝ですね・・・
今日はゆっくり起きてしまいました (笑)

本日のご紹介は、
関西地方からご来院の患者さま

ステージ4a
左の門脈に肝臓がんが入り込んでいる状態


前医の先生も
とても積極的な先生で

癌が門脈に入り込んだ部位には
放射線治療を行って下さっていて、
その結果、門脈の腫瘍は制御されている様
です

そして、
継続治療を
岩本内科でさせて頂くことに・・・

肝臓の右側にも
肝臓がんが多発


syokai

前回の治療で
カテーテルを入れて、

New FP療法、肝動注化学療法を開始

今回2回目の治療です

評価してみますと、

多発していた癌はほぼ消失
残存は明らかなのは2個


mae

この2個は
右横隔膜の動脈から
肝臓の中の癌に栄養されていました


ですので、
この癌に対して
追加で
門脈動脈同時塞栓療法を行いました

go

これで
多発していた癌もいったん、ゼロです

肝臓がんの性質上、
再発は繰り返されますが、

今ある癌をしっかりとゼロの状態に出来るか
という事が大切なのです


前医の治療の流れも含めてですが、
この様な治療戦略は
肝臓がんの標準治療のガイドラインには書いていません

治療ガイドラインは
治療レベルの均一化、全体の底上げには効果を発揮しますが、
天井を抜ける結果を出す事は限られてしまい
ます

患者さまは
もちろん、どの病院でも最低限の治療が得られる事を望みますが・・
それ以上に、癌を無くせるか、無くせなくともより良い結果を望みます

その割合をいかに増やすか、
そこに医師の知識、経験、実力、技術力、覚悟・・
が必要なのだと思います


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
分子標的治療薬は
何度か肝がんが再発し、昨年は肝表面の肝がんを腹腔鏡下で外科切除しました。今和も千デイが今回紹介された患者さんのような方の場合、分子標的治療薬による治療は選択枝にはならないのでしょうか。
2018/02/11(Sun) 15:36 | URL | sin594 | 【編集
Re: 分子標的治療薬は
sin594さま。コメントありがとうございます。
一般的な治療ガイドラインに従いますと、仰る通り分子標的治療薬が最初の選択肢になると思います。それは正しい選択です。
ですが、分子標的治療薬の癌を小さくさせる効果は良くて10%。
根治を目指す治療、より命を延ばす治療戦略として考えると最初に選択するべきか・・という事になります。分子標的治療薬は選択肢として私も常に考えています。
2018/02/12(Mon) 20:54 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック