fc2ブログ
おはようございます。

やっと、すこしづつ組織的な、救助活動が
報道されるようになり、すこし安心感がでてきました。

でも、それぞれの自治体の善意によるものが多いようです。
このような大規模災害では、
指導で迅速に対応してもらいたいと思います。

一時避難に、学校の体育館などを使用することは
仕方ない事と思いますが、せめて最低の生活は保障
してもらいたいと思います。民の生命を守るのは
の義務です。

例えば、が日本のすべての保養地を借り上げて、
方針が決まるまで、避難所で苦労している方々に
安心した生活を与えてあげたらどうでしょうか。

壊滅的な被害を受けた方々が多いのですから
避難は長期になります。の責任で、早急に今後の青写真を
提示してもらいたいと思います。

原発事故も、やっと組織的な動きが見えてきましたが
方針がわかりません。廃炉するのか、修理しているのか
方針、基準がわかりません。
かなりな放射線漏れがおこっています。

民の不安にたいして、
明確な説明と方針を示すことが重要です。

放射線被爆線量は、シーベルトでしめされますが
一般に、一般人が1年間に浴びて良い放射線量は
1ミリシーベルトまでとされています。
1度に、100ミリシーベルト以上の放射線を浴びると
急性放射線障害の可能性があり、1000ミリシーベルトを
超えると、死亡する可能性が高くなります。
今、報道されている放射線量は、マイクロシーベルト単位
ですので、ミリのさらに1000分の1の単位です。

ガンちゃん先生の医院の職員の親戚も
福島県に住んでいらっしゃる方がおられます。
聞いてみますと、家が全壊したわけではないので、
避難所ではなく、自宅にいるとのことですが、
原発によって、30キロ圏内の屋内退避に指定され、
エアコンも使えず、家の外にも出れない状況がまだ続いております。

始めの3日間は食料を求め、
スーパーやコンビニに2時間以上も並び、
遠くまで買い出しに行っていたそうですが、
原発の影響で、屋内退避の場所に指定されたということで、
食料も救援物資も全く入らず、ガソリンも底を尽きて、
避難場所へも行くことが出来ない状況です。

未曾有の大災害に直面し、いまこそ政府は、政府の存在を
示さなければなりません。一人一人の国民の生命を守る
強い意志をしめし、国民を鼓舞し、団結させ、
将来に、希望のもてる日本像を示さなければなりません。 

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  




コメント
http://ribf.riken.jp/~koji/monreal.pdf
このサイトが放射能について勉強になります。
2011/03/20(Sun) 13:51 | URL |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック