ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、本当に久しぶりに
ゆっくりと起きてしまいました

広島で行われた学会から
母の家が広島にあるので、
そのままちょっとゆっくり過ごしているのです

ちょっと山間にあるので、
お散歩ついでに・・・

息子たちと
ザリガニ釣りを
zari

そして、
トノサマガエルを息子が捕まえ・・・
(私は触る気になりませんでしたが・・(笑))

kaeru

そんな時間を過ごしました

私は心の本質は光だと感じています

光が強くなればなる程、
他の多くの人の心を照らす事ができます

心が照らされた人は
心がやすらぎ、パッと明るくなるのです

光の対照となる表現は
闇・・暗さですが・・・

面白い事に
光を充てると
暗さは簡単に消す事
ができます

本質的に
暗さが光に打ち克つ事はできないのです


ですが、
反対に
簡単に光を遮る事もできます

ちょっと心を覆えば
光は心に届かなくなってしまいます


人生には沢山の
病気や不幸なことが沢山あります

そして、ヒトは
大きな事でなくて
些細なことによっても
簡単に
心を暗く、沈ませてしまいます

そんなものなのです

以前も書きましたが
患者の“患”は
心に串が刺さっていると書きます

身体を病気が侵すことで
心までも侵してしまう

それが病気の本質です

そして、その串を取り除く事が
医療の本質だと思います


病気のせいで
陰った心を
パッと明るくするそんな医療が必要なのです


何やら抽象的な話でしたが、
たまには休息
心を休める事で
“光”の補充が必要ですという話でした

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を

 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック