ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

まずは、
もうちょっと主夫ですので、

meat source

ガンちゃん先生特製ミートソースパスタのご紹介 (笑)
子供たちがモリモリ食べてくれると
作りがいがあります

進行肝臓がんに対する治療の一つ
肝動注化学療法では
肝臓の動脈である肝動脈に
カテーテルを留置します

肝臓だけに抗癌剤を集中的に流すための
カテーテルです

通常であれば
肝動脈は1本ですので、
留置するカテーテルは1本で良いのですが・・


血管のタイプによっては
1本では足りない場合があるのです


その時は
右足、左足どちらにも
留置カテーテルを入れる
ダブルリザーバーというやり方を用います


double reservoir


それぞれの肝動脈に
それぞれのカテーテルを留置するのです

肝動注化学療法も
色々なやり方がありますが、
知識と経験がとっても必要です


まず、絶対に治療するという信念があって
その上に、知識と経験
最後に命を背負う勇気が必要なのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック