ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は春分の日ですね

昨日は岩本内科のスタッフの
結婚式でしたが、

風も暖かくて
日差しも晴れやか
春を感じさせるとても良い気候でした


さて、今日はちょっと宗教的なお話を・・・

私たち、日本人というのはその国民性として
死生観について話す事は
タブー的なところもありますが、
今日はあえて、そんな記事にしたいとおもいます



私は“あの世”があると思っています
というか“ある”と信じたいと思っています


これは二つの立場から
そう思った方が良いと考えています

遺される側と逝く側の立場としてです

遺される側の立場として・・・・
父である初代ガンちゃん先生を3年前に亡くした私個人としての考えですが、
“あの世”で父が応援してくれていると思える事は、
私が“この世”でガンばれる
大きな原動力になっています


そう思えず、ガンばれと言われても
この3年乗り切る事は出来なかったかもしれません

大変なアンギオ治療の時は、
父を感じながら治療する事もあります


遺された家族側からすると“あの世”はあると信じた方が
それぞれの人生を豊かに過ごせるはずです



次に、逝く側の立場として考えてみますと、
進行癌を患うとどうしても最期を感じながら
生活しなければなりません


その事自体が生活の質を落とします

ホスピス的な発想で
“死”を受け入れて最期を迎えるという事は
現実的には非常に難しいことと私は思っています


数多くの癌患者さんと接していて感じるのは
どういう状況になっても受け入れがたい事であり、
それは仕方のないことだと思います

ですが、私が思うのは、
“あの世”があると思う事で、
残された時間を少しでも前向きに、豊かに過ごせるなら
そう信じた方が良いと思うのです


一番怖いのは
死する事で何も無くなってしまうのではないかと感じることだと思います

ですが、

あなたの遺志を継ぐもの
あなたの事を思い返し涙するものが必ずいます

そして、
あなたがこれまでに築いてきたことは消える事はありません

少なくとも
私、2代目ガンちゃん先生は
これまで治療してきた方々を絶対に忘れませんし
その経験を糧にして
必ず最良の医療に近づいていきます


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
初代ガンちゃん先生に感謝
初代ガンちゃん先生との思い出話をアップしていると、ふと自分も税理士になりたかったんだと、27歳で父を無くし36歳で結婚し、三人の子供に恵まれ男の子二人は希望通りパイロットに、末っ子の娘もやっと第一志望大学の繰上合格通知頂いて親としての役割も終ったような思いです。二代目ガンちゃん先生のブログ読んで、父の亡くなった後務めを辞めて後を継ぎ今日まで来ましたけど、中々越えられないのが父の背中ですね。ある本に「一人前の人間とは」、「この世に生まれる事、この世に子孫を残す事、この世を去る事」これが出来たら一人前だそうです、その意味では初代ガンちゃん先生は文句なし一人前の人間です。それから、先の世に地獄は無いそうです、地獄は人間の創造物だから。私も大学入学許可証頂きました、もう一度若い頃の夢だった税理士の勉強してみようかと。こんな気持ちにさせてくれた初代ガンちゃん先生に感謝です。
2017/03/21(Tue) 06:58 | URL | 宇藤 敬です | 【編集
真言宗でも、お遍路に行ったわけでもありませんが、弘法大師と同行二人という考え方が好きです。二代目ガンちゃん先生のこのプログを読んでいて、「同行二人」というこの言葉を思い出しました。癌もs4、末期分類に移行してくると、先行きも何となく(真剣に)考えるものです。治療して下さるお医者さんから、寄り添う気配が感じられると、薬以上のものを受け取れるのではないでしょうか。演出しない温かさの様なものかとも思います。大勢の医師や医療者の方々がそうありたいと努力されているのだとは思います。「これだけが正しい癌治療、ここから先はやめた方がよい」と決められるよりも、「方法を探してみましょう」と共に考えて下さる医師が有り難いのです。(意外に、患者は自分の現実、その先を知っているものです。私の様な頑固な患者は、決めるのは自分だと思っていますが。)
岩本内科からは、ガンちゃん先生や病院の皆さんの温かい気配が外に流れ出しているかもしれません。桜が周辺で早く咲いているのではありませんか。
2017/03/22(Wed) 10:17 | URL | 寧 | 【編集
お返事
コメントありがとうございます。

寄り添うことの大切さ
とても感じています。もし岩本内科から暖かい気配があふれているのであれば、それをもっともっと広げていきたいと思います
2017/03/26(Sun) 20:13 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/27(Mon) 11:10 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック