ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

今日は大学当直からの
大学での肝臓がん治療日です
合間に進行中の研究をしながらですので、
大学内を行ったり来たりです

今は、午前中の一例を治療し終えたところです

肝臓がんが胃へ直接浸潤した症例の治療でした

胃カメラをすると、
肝臓がんが胃の中に飛び出した状態になっていました

治療方法は非常に難しいのですが・・・
マイクロカテーテルを直接癌の動脈へ挿入し、
肝動注化学療法を行いました

肝臓がんの進展は
本当に多種多様です


本日ご紹介する方は

初代ガンちゃん先生が治療をしていた頃からの
肝臓がんの患者様
です

関東地方から来られています

2013年来院時は、
ステージ3
癌の最大径は3cm
数が4-5個でしたが、
加えて、癌の場所が治療が難しいとされる尾状葉付近にありました


syokai

門脈動脈同時塞栓療法で、
うまく治療されておりましたが、

2015年12月
癌が門脈内に急激に入り込んで、
門脈本幹浸潤 ステージ4aの再発となりました


Vp4

門脈本幹浸潤のステージ4aは
月単位で肝不全に陥る可能性があり
余命は2-3ヶ月とされています


カテーテルを留置して、
肝動注化学療法 New-FP療法と
門脈動脈同時塞栓療法
の併用です

ご本人も非常に
ガンばってくださる方で

門脈本幹浸潤ステージ4aから
既に1年2ヶ月
当院で治療を始めて
3年7ヶ月


genzai


まだまだ、ガンばります!
 
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック