ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌治療に従事していると
現代医学の限界
感じる事も少なくありません

岩本内科には
前医で治療出来ません”と言われた方が
よく受診してきます

出来る限りそのような方にでも
結果を出せる様にベストを尽くします

そして、多くのケースで治療が行え、
癌を無くすことができる人もいます


ですが、
考え得る全ての治療を行っても
治せない癌があるのも事実です


それが、とても悔しいのです

岩本内科しかない
ガンちゃん先生しかという藁をも掴む思いで
来られたはずなのに


・・・
一方、
たしかに治せないケースもありますが、
癌を治すという事だけが医療ではないとも思います

人は誰しも最期を迎えます
その点において人は平等です


思えば、20世紀に発達した医学
病気を如何に治すか、
壊れた臓器を如何に修復するかという点において
目覚ましく発展しました


癌に関する医療においても
診断から治療に至るまでとても進歩し、
多くの癌が治せるようになりました

ですが、
癌を治せない時の医療、
癌患者の心の医療についてはどうでしょうか?


これは緩和医療という事について述べているのではなくて、
まだ私の中でも朧げで、うまく表現できないのですが・・・・・
もっともっと医療の根幹にあることの様な気がしてます

患者の“”は
心に串が刺さると書きます

多くの場合、
病気が治れば心の串も抜けてしまうので
病気を治す事が優先されますが、

病気が治らない場合に
どう医療を提供して、
串を抜いてあげるか

病気になっても豊かな人生、
豊かな心境でいられる医療・教育
・・・
そういう医療もあるはずです


21世紀に医療は
より深く発展する必要があると感じています
ですが、まだまだ朧げで・・・


現代医学の最良の医療を提供しながら、
その理想を追求するのが
岩本内科の、2代目ガンちゃん先生の使命だと私は思っています

と言っても、まだまだ足りません
少しでもそんな医療が提供できるように
日々謙虚に進まねばと思う今日この頃です


さてさて予定表を見てみますと・・・
今日の治療も
いっぱいです (汗

本日もガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
いつから愛煙家だったの?
初代ガンちゃん先生と下宿一緒だった時、煙草は吸ってられませんでした。ポーカーゲームしている時、コーヒー飲んでいる時、そもそも岩本さんの部屋が煙草の匂いしない。ジャズ🎷🎸が好きで当時熊本で流行ってたジャズ喫茶「ジロー・タロー」に行った話しはよくされてましたけど煙草の話しは無く、私が煙草吸わないので煙草吸う人の匂い体臭感じなかった。初代ガンちゃん先生ブログには愛煙家は辛いと、普段の仕事にストレス感じて一服ほっとされてたのか?イライラ募って一服なのか?吸える場所も限られてる、おそらく気の休まる時が無い。客商売してますと特に医師、教師、士業されてるお客さんには気を使います、只焼肉食べに来てるだけなのに、他の客が先生此処が痛い、どんな感じがする?子供がお世話になってます?役所から呼ばれた?関係ない、聞きたいなら金払って相談してくださいとヤンワリ断り入れて、他愛もない話しを先生方としながらバリア張っています。初代ガンちゃん先生も同じ思いされてたのかもですね?ほんといつから愛煙家だったのですか、教えてください。二代目ガンちゃん先生から、お会いしたいとのコメント嬉しく思います。今、末娘が入試真っ最中です(行方不明にはなってません、行方不明事件Part2もそのうちにアップします)、3月半ばにはハッキリします。お忙しいと思いますので、迷惑かからない時間伺って行きたいと思います。オフレコ話に「○○ドーム」福岡、東京、札幌、或いは想像にお任せします、楽しみにして下さい、このコメントには書けないので😁お会いした時に。
2017/02/14(Tue) 10:40 | URL | 宇藤 敬です | 【編集
医療の進歩と親子二代のガンちゃん先生や、そのお仲間の様な医師の方々の、良い治療への探索のお蔭で、病いを持ちながらも、生きて生活している時間が長くなっていますし、希望をつなぐこともできます。その分考える時間も、増えるのですが。公的なサイトや、正確な医療情報を提供してくれるプログ等で勉強していると、自分の置かれている状況を朧気ながら、患者でもつかめる現代ですから、悩みも迷いも増えます。
患者である私がほっとするのは、医療のベルトコンベアーに乗っているのではなく、人である医師に診て貰っていると実感する時です。治療方法を研究し、技術向上に意欲を燃やす先生のような方が、「患者にとっての良い医療とは?」と考えておられること自体が、患者へのメッセージだと思います。けれども、ご自分のお身体とご家族も大切になさって下さい。(これは、余計な老婆心です)
2017/02/14(Tue) 12:43 | URL | 寧 | 【編集
Re: いつから愛煙家だったの? お返事
お返事遅れてすみません。
父は若い頃は煙草、吸っていなかったんですね。 私の記憶がある時にはいつも吸っていましたので・・・いつから吸っていたか私も知りません。母に聞いてみようかな・・とも思います。

2017/02/26(Sun) 22:36 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
寧さんへのお返事
寧さん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなりましてすみません。
医療のベルトコンベアーとは今の医療の問題点の一つを示すとても分かりやすい表現だと思います。ガイドラインに沿った、決められたラインを無機質な感じで進められていく今の医療の問題です。 それぞれの患者さまにとってベストの医療は??それがとても大切なのだと私は思います。道を究めていきたいと思います。
ご心配下さって、有難うございます!
2017/02/26(Sun) 22:41 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック