ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

他の臓器にも転移した進行肝臓がんを
ステージ4bと呼びます


このステージ4bをどう治療していくのか
これは大きな課題の一つです


ステージ4bの肝臓がんに対する
標準治療は
ネクサバールと呼ばれる抗癌剤です

ステージ4bの肝臓がんの中央生存期間は
様々な文献から読み取ると・・・
未治療で半年から8ヶ月の様です

その中でも
余命の長さに関わる要素に
肝臓内の癌の進行度”が
関わってくるという報告があります


これは
ネクサバール治療においてもそうの様で

ネクサバールを内服していても
肝臓内の癌の進行度が余命に大きく関わってきます


つまり、
転移があっても、
肝臓内の病変が進行していなければ
余命が長いという傾向があるということです


この様なデータを基に
岩本内科では転移があっても
積極的に肝臓内の癌を治療していく方針と
原則的にはしています


ネクサバールの併用も考慮します

この患者さまも
前医で骨転移
肝臓内の癌の状態が進行した状態で見つかった
肝臓がんです


骨転移は放射線治療と
分子標的薬


ネクサバールも使います

肝臓内の癌は
肝動注化学療法 New-FP療法


この方の場合は、
前医で中途半端な肝動脈塞栓術が行われていたので、
放射線治療も併用し
積極的に肝臓内の癌の状態を制御しているところです

yamamoto


これらの組み合わせで
縮小傾向にあるようで、
肝臓の病変は切除が可能かもしれません


肝臓がんの場合、
転移があるからと言って
単純にネクサバールではいけません
・・・と私は思っていますが・
・・

一般的にはそうでも無いのが現状です
それを覆すだけのデータを出すのは大変なことですが
コツコツと積み重ねていくしかありません

今日は3例のアンギオ治療です
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック