ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

大腸がん肝転移
これは今からの大きな課題です

肝臓がんは
全国的に見ると
減少傾向にありますが、

大腸がんは
癌の中で最も罹る可能性が高い癌であり、
死亡数も肺がんに次ぐ2番目に多い癌種です


その大腸がんで
最も転移しやすいのが肝臓です

ですので、大腸がんの肝転移の治療は
非常に重要なのです

大腸がん肝転移の治療は
まず、外科手術
そして、ラジオ波焼灼療法

それらで、治療が難しい場合は
全身化学療法ですが、

肝臓だけの転移の場合は
肝動注化学療法が有効な場合があります

大きな臨床試験
CALGB9481試験
肝動注化学療法を加えた治療による
奏効率は
全身化学療法が24%に対して
肝動注化学療法併用は47

生存期間は
全身化学療法が20ヶ月
肝動注化学療法併用は24.4ヶ月


ですが、その後の幾つかの臨床試験で
生存を延長する結果が得られなかったため、
標準治療になってはいませんが・・・

その効果は確かなものなのです

この方も
大腸がん肝転移

治療前

大腸がんの原発巣は外科手術で
切除して頂き、

通常は肝臓も切除、
もしくは局所療法を行うところですが、

88歳というご高齢なので、
ご本人と相談し、
肝動注化学療法を行う事となりました

副作用も少なく、
継続した治療が行えています


治療後

良い治療を広めたい!

今日は
気合いを入れるべき治療が待っています
さて、
ガンばりますか!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック