ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

結婚式はいかんですね
亡くなった私の父(初代ガンちゃん先生)を思い出してしまいます

幼馴染の結婚式はとっても良い結婚式でした

さて、本日ご紹介しますのは・・・

両葉に多発する肝臓がん ステージ3
対する治療についてです

以前から記事で書かせて頂いておりますが
ステージ3の治療戦略は非常に難しい


癌が門脈に入り込んだステージ4aの状態では
絶対的に肝動注化学療法 New-FP療法をおススメしますが

ステージ3では、
癌の状態が幅広いので
様々な事を考える必要があります


この方も、
今から2年弱前にステージ3の状態となりました

2年の経過で、
前医での肝動脈塞栓術が効きにくくなったため
岩本内科に来て下さいました


アンギオCTをしてみますと、
S8に40mm大の主結節

治療前DSA
治療前CT


メインの癌は一部境界が不明瞭なタイプの癌です
そして、小さな肝内転移が無数に多発している状態です


これまでの蓄積した治療成績からすると
この様な状態の癌では
塞栓する治療と、肝動注化学療法を併用した方が良い成績がでていますので
今回もそれを選択しました


S8の主結節は門脈動脈同時塞栓療法
その他にはカテーテルを留置して
肝動注化学療法 New-FP療法を行います


留置

治療後CT
治療後のCTで全ての癌によく薬剤が溜まっている事が確認できました

この様な状態の癌には
肝動脈塞栓術だけではなかなか難しい事が多いのです

この方は
あるスポーツがとっても大好きだそうで、
元気にずっと続けられる様に
精一杯ガンばりたいと思っています

さて、今週も治療予定が
いっぱいです

疲れは残っていますが・・・汗)
ガンばりますか!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック