ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介しますのは
今から2年前から
当院で治療を開始した肝臓がんの患者様

初代ガンちゃん先生が亡くなって、
2代目ガンちゃん先生がまだ留学していた頃

山口院長先生が
一人で岩本内科を支えて下さっていた時からの患者様です


もともと、
7cm程度の肝臓がんがある状態(小さな門脈浸潤もあるのでステージ4a)
門脈動脈同時塞栓療法”を施行

それから肺転移が出現したりしていましたが、
肝臓内の病変に関しては経過良好でした

しかし、今回急速に再発してきたため
治療となりました


アンギオCTを撮りますと

治療前DSA
治療前Angio CT


右門脈の第一次分枝と
左門脈に
肝臓がんが入り込んだ状態
です

この様に深く門脈に入り込んだ肝臓がんには
肝動注化学療法 New-FP療法を
岩本内科では選択します


GDAコイル法でリザーバーカテーテルを留置して、
New-FP療法を行いました

GDAコイル しみ


治療後に、
門脈に入り込んだ癌に治療薬剤が
しっかりと貯留したことを確認できました


治療後CT

New-FP療法の効果の鍵の一つは
癌に薬剤が貯留するか否かですので、

良く溜まっている事から
良い治療効果が期待できます


・・・
さて
今日は大学で肝臓がん治療です
本日も、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック