ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科医院には
他院で
治療できないと宣告されてしまったり、
後は飲み薬の治療しか残っていないと言われた
癌の患者様も来られます


本日ご紹介しますのも
関東地方の病院でそう言われてしまった患者様です

こちらに来られたのは今年の5月
2012年に肝臓がんを始めて指摘され
他院で肝動脈塞栓術、
その後再発を来し
数回の肝動脈塞栓術を繰り返されたところで、
丁寧に治療されていた様ですが・・・

2016年1月に
再発部が門脈内へ浸潤、ステージ4aとなり
肝動脈塞栓術が効果ないという事で
4月に内服の抗癌剤を勧められたところで
岩本内科医院を受診して下さいました

当院初診時
右肝動脈が上腸間膜動脈から分岐する血管タイプ

初診時アンギオCT
アンギオCTで、右門脈内へ癌を認める(Vp3)

岩本内科での治療内容は・・
動注用カテーテルを留置して

リザーバー留置
右肝動脈投げ込み法でカテーテル留置施行

肝動注化学療法、New-FP療法
塞栓可能な部位は
アンギオCTで門脈動脈同時塞栓療法を併用し
治療を行っています

3ヶ月の経過で、
腫瘍マーカーは
PIVKA-2は正常化、


画像上も、
門脈に入り込んだ癌は完全壊死
その他、明らかな再発も認めておりません!

3か月後の評価
治療薬剤が門脈内の癌と肝臓内の再発部に貯留している

もちろん、まだ画像では追えないレベルでの残存した癌細胞は存在するので
継続して治療が必要です


ですが、関東からわざわざ岩本内科医院まで
来ていただいた甲斐がありました
根治を目指せるところまで来ています


こういう結果が出せると
本当に心からホッとします


治療を受けに来て下さるという事は
その命を背負うという事になります
それはとても重く、大きな事で
まだまだ未熟な私は・・・
時にはその重圧に押しつぶされそうになる事もあります
ですが、
これからも一人でもこの様な結果を出せる様に
ガンばるのです!


それがガンちゃん先生なのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック