ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

ずいぶん暑くなってきましたね
今年の夏はとても暑くなるそうで、
ちょっと心配です


本日、ご紹介しますのは
B型肝炎ウイルスによる肝硬変症から発症した肝臓がん の方

これまでB型肝炎の治療は全くされずに経過しており、
体調不良で近医を受診されたときには
既に、肝臓がんを発症されていました

肝硬変も非常に進んでおり、
肝臓の予備能力を示す評価では
A,B,Cの内
Cに近いBという非常に悪い状態です


Cだと、癌があっても治療しない方が長生きする状態と言われていますので、
非常に治療も難しい状態と言えます


癌も
肝臓全体に
これでもかと言わんばかりに、ボコボコと
散らばっています

また、飛び出している癌もあって、
破裂の危険もあるのです

まずは、
肝臓の右側に
カテーテルを留置し、
肝動注化学療法 New-FP療法を行いました

この様なギリギリの状態に
肝動脈塞栓術を行うと
一気に肝不全が起こる可能性もあるのです。

1か月の経過で
肝臓の右側の癌は落ち着いてきたので


次に肝臓の左側にある大きな癌を今回治療しました
左側にも大きな癌があります

治療前Angio
治療前CT

治療選択を幾つか迷いましたが、
こちらにもカテーテルを留置して
New-FP療法を行う事としました


この方の肝臓の動脈は少し特殊で、
右肝動脈は腸の動脈から分岐、
中肝動脈は右胃動脈から分岐、
左肝動脈は固有肝動脈から分岐していました


これら全体に抗癌剤をうまく分布させる必要がありますので、
金属コイルで、血行改変という
血管を閉塞させて、意図的に
血流の分布を調節する方法を取りました

・・・とてもマニアックですみません・・・

治療後留置
治療後CT


うまく分布が変化して、
綺麗に肝臓内へ分布する形をとる事ができました


コイルでの塞栓は
やり直しが効かない、一発勝負ですので
なかなか緊張します

ですので・・・
血行改変は
けっこう大変なのです・・・


忙しい先週から、
気持ちを切り替えて、
また進んでいこうと思います

今日は七夕ですね♪
何をお願いしようかな・・・?


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
リプレイス、ダブルリザーバーですか?
お疲れ様です(^ ^)
2016/07/08(Fri) 10:08 | URL | (^ ^) | 【編集
お返事
プロフェッショナルの方からのコメント、ありがとうございます!
ご指摘通り、リプレイス、ダブルリザーバーです。
RHAはSMAから、PHAがCAからです。
突出したHCCを超選択的にTACE(AS)し、投げ込み法で留置しました。
A4がRGAから分岐する珍しい破格もあったので、A4部をコイリングして血行改変してPHAに投げ込み留置をさせて頂きました。
Child B-9・・気を抜けばC-10という感じですので、かなり慎重に治療させてもらっています。
コメント頂けるだけでとても嬉しいです。ありがとうございました。
2016/07/09(Sat) 23:00 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック