ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

大分・熊本地震から
3週間ちょっと経ちましたが、

水、電気などライフラインはほぼ回復、
高速道路もほぼ全域で再開している様です
日本の底力を感じます
凄いです!

本日、ご紹介しますのは

関東地方の肝臓がん治療の中核病院で
治療を受けられていた方です

肝動脈塞栓術で加療されていましたが、
効かなくなり、
ネクサバールと呼ばれる飲み薬を進められ
他に治療がないかと
ご自身で探され

岩本内科に来てくれました

アンギオCTをしてみますと、

tiryoumae kekkann
tiryoumae CT

肝臓の右葉の前側を中心に
浸潤型の肝臓がんを認め、
門脈内へ浸潤しており、
ステージ4aの状態でした



この様な状態にはまず
留置型のカテーテルを挿入し、
動注化学療法
New-FP療法
を行います


tiryougo CT
ryuti kate


これまでの蓄積されたデータによると、
ステージ4aの肝臓がんは
未治療で6~8ヶ月の予後、
ネクサバールは8~9ヶ月
New-FP療法では、15~20ヶ月


とネクサバールに比べると
非常に良好な成績が出ています

それに加えて
門脈動脈同時塞栓療法と組み合わせる事で
もっと予後を延ばせるのではないかと
考えています


一人一人
ひとつひとつの血管造影治療が
本気の戦いです

全力で、絶対に負けてはいけない戦いです


今日も、岩本内科で4件の治療が控えています
さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック