ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は大学で肝臓癌治療でしたが、
全部で10例以上もあって
大変でした・・・汗


肝臓がん治療グループ4人で
強調文協力して、なんとか全て終わりました
本当にどんどん経験が積まれていき、
良い環境にあります


アンギオマスターの道を突き進んでおります・・笑


さて、
本日ご紹介しますのは

関東地方の大きな病院で治療されていた
進行肝臓がんの患者様です

治療経過中、
もう治療できません”と言われ、
当院まで足を運んで下さいました

早速、
アンギオCTで評価してみますと、


治療前CT
肝臓の右葉の後ろ側を占めるようにして
癌が広がっており、
その腫瘍は一部門脈内に入り込んでいる状態でした


ステージは4になります

確かに“もう治療できません”と言う施設もあるかもしれませんが、
岩本内科の基準としては、
まだまだ治療できる範疇にあります


治療出来るというのは、
癌を小さくできる可能性があるという意味です



門脈内に腫瘍が入り込んでいる場合は
門脈動脈同時塞栓療法はすぐにはできませんので、

肝動注化学療法
New-FP療法を選択します


留置型カテーテルを挿入し、
持続的に薬剤を流していきます

治療後CT
治療後血管造影

治療後のCTでは
最初の段階では十分な程薬剤が
癌に貯留している事を確認できました


他施設で治療が出来ないと言われた患者様に対して、
“治療できます”と宣言する事は
非常に勇気が要ります


しかし、
当院で培われた知識・経験、
大学で学んだ知識・経験を駆使して

どんな状態の癌患者様でも
少しでも予後が延ばせる治療を提供したいと
心から思うのです


ですので、もう治療ができないと言われていたり、
ネクサバールしかありませんと言われていたりする患者様には
是非、一度見せて頂きたいと思っています・・・

今日も、なかなかハードな治療が
待っています

全力で
ガンばりますか・・


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック