ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は
岩本内科で外来と
肝臓がんの治療でした


昨日の外来中でしたが・・
先日載せたムール貝の酒蒸しのレシピを
聞いて下さる方がいました♪♪


やっぱり
嬉しいものですね・・・笑



さて、
本日、ご紹介しますのは

関西地方から来られた
大腸がんの肝転移の方です


3年ほど前に
大腸がんを発症され手術

その後、
大腸がんの肝転移が出現し、
手術、
放射線療法
全身化学療法を行われましたが
次第に増大傾向となり、

当院を受診して下さいました

早速、血管造影をしてみますと

肝臓の中心側に
血管造影で
もやもやと黒く染まり、

tiryoumae


血管造影CTで
もやもやと白く染まる領域を認めました


tiryoumae CT

一般的には癌は結節と言って
コロッと塊で見えますが、

癌のタイプによっては
境界がはっきりしない状態のものがあります


この様なタイプの癌を
浸潤型と呼んだりします

syuyoukekkann
IPA

癌の腫瘍血管に
マイクロカテーテルを挿入し
丁寧に治療範囲を選定し、
治療を行いました


治療内容は
塞栓療法と
動注化学療法の併用です



転移性大腸がんでは
全身化学療法が標準治療ですが、

直接、癌の腫瘍血管まで到達して
薬剤を流す動注化学療法も有効だと考えてます



tiryougo

治療後の評価では
薬剤の停滞も良好であり、
複数の種類の抗癌剤を投与する事ができました



大腸がんなど
肝臓がん以外の癌腫では
塞栓効果だけでなく
抗癌剤による効果も非常に大切だと感じています


今日は、大学で研究です

先日夜な夜な行った実験結果が
なかなか良かったので
一歩、先に進めると思います



癌や癌を構成する環境について
もっともっと深く知る事が
将来的な癌の根治の鍵になるはずです


さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック