ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ちょっとうまく記事がアップされていなかったみたいで・・・
遅くなりました
すみません・・・・

ということで・・・・

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今週も始まりました
今週は少しまた冷え込む様ですね


また一段と、
インフルエンザ、風邪が流行るので
皆さんお気を付けくださいね


今日は
新しい論文のご紹介

症例報告(患者さまの一例を紹介するもの)ですが、

本当にたいした雑誌ではありませんが
英文で報告させて頂きました


Journal of clinical case reportsという雑誌です

下記のリンクで
誰でも読むことができますので
症例報告
興味がおありの方は
目を通してみて下さい



これは、
私が
父とは別のもう一人の血管造影治療の師匠 (永松医師)に
肝臓癌治療を習っていた頃の
貴重な症例です

肝臓がんの治療の報告です

タイトルは
Successful Down-staging of Hepatocellular Carcinoma with Inta-arterial Therapy prior to Liver Transplantation : A Case Report
です
title

この方の状態は
非常に肝硬変がひどく
肝臓の予備能力がとても低いため
外科的切除、ラジオ波治療が困難な方でした

癌は7㎝大と1cmの転移病巣

まずは
体外式カテーテルを使った
簡易型の短期動注化学療法(New-FP療法)を
行い
加えて、
肝動脈塞栓術を行う事で
一度、癌は根治されたのですが、

figure and table

再度、再発してきたため
肝臓移植を選択し、
その後、無再発で5年以上元気にしてある方の
報告です


この論文、症例報告のポイントは

最初の時点では
肝臓移植の適応外の状態であった肝臓がんを

優れた治療戦略で一度、根治させ、
その後再発を来した時に
肝臓移植の適応内となり
移植を行う事ができた

・・というところです

良い治療戦略を立てる事で
良い治療結果が産まれます



特に、
ぎりぎりの状態(癌や全身状態)では
救命するための治療戦略の幅が非常に狭くなるのです

そこをうまく切り抜ける事ができると
この症例の方の様に
非常に良い結果をもたらす事ができます


今週も
岩本内科で
たくさんの治療が待っています


どれだけ最良の治療戦略で
治療を行う事ができるか

さて、
ガンばりますか!



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック