ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

やっぱり、
寒くなると
インフルエンザが急増です

今日も10人近く
インフルエンザA型陽性でした

皆さん、
お気を付け下さい


さて、
本日は
昨日行った治療の
患者様のご紹介です

7年前
肝臓癌が発症し、
他院にて
肝動脈塞栓術を受け、

その3年後の
今から4年前
再発し、
岩本内科医院に初めて
来院されました


初代ガンちゃん先生が
“門脈動脈同時塞栓療法”
行い、

これまで再発は無かったのですが
今回、再発したとの事で
再来して来て下さいました


アンギオCTをしてみますと、

tiryoumae

S5の
胆嚢に接するように
20ミリの大きさの
典型的な肝臓癌を認めました

胆嚢内へせり出してきており、
早急な治療が必要な状態でした


この部位は
一般的には治療選択に困る場所でもあります
ラジオ波治療は困難ですし、
切除は可能ですが、
年齢、肝臓の予備能力に影響されます


また、肝動脈塞栓術でも、
治療が難しいとされる場所でもあります


しかし、
岩本内科では、
アンギオCTを使って
正確に腫瘍の血管を選択しますので、
全く問題ありません



癌を栄養する動脈を見つけ、
その血管に
マイクロカテーテルを
挿入します


そして、
末梢の門脈が描出されるまで
薬剤を流します


“門脈動脈同時塞栓療法”です


治療後のCTをお示しします

tiryougo

見事に癌だけに薬剤が貯留しています
気合のこもった治療ができました 
胸を張って、初代ガンちゃん先生にも見せられる治療です


胆嚢に接する場所ですので
胆嚢炎、血栓症などが
起こり得る場所でもありますので、
治療後もしっかりと
経過をみさせて頂きたいと思います


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック