ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です


昨日の山口院長先生の記事の様に
質の高い
“門脈動脈同時塞栓療法”は
外科手術に匹敵する成績が出ております



昨日は、
大学で肝臓癌治療を
2例行い、
合間で実験をして、
夜は
佐賀大学で肝臓癌治療の
勉強会に参加してきました


という事で、
とても内容の濃い
一日でした



本日の記事は
岩本内科における
肝臓癌に対する治療戦略について
ご紹介させて頂きます


一重に肝臓癌と言っても
その進行度によって治療戦略が異なります



限局した肝臓癌では、
外科手術が可能な場合は外科手術
外科手術が不能な場合は門脈動脈同時塞栓療法

選択します


癌が複数個以上ある場合は、
それぞれの腫瘍血管にカテーテルを挿入し、
一つずつに対して門脈動脈同時塞栓療法を行います



門脈動脈同時塞栓療法が不能な場合は、
新しい塞栓物質(ビーズやスフィア)を使用したり
バルーンカテーテルと呼ばれる特殊なカテーテルを使った肝動脈塞栓術を
行います


癌が門脈や静脈に浸潤した進行癌では、

門脈や静脈に浸潤した状態が軽度の場合は、
可能であれば門脈動脈同時塞栓療法



門脈や静脈に浸潤した状態が高度の場合は、
留置型リザーバーカテーテルを挿入し、
動注化学療法,
New-FP療法
を行います


門脈や静脈浸潤を起こした癌
骨転移、限局した肺転移には、
放射線療法を併用する事を
考慮し



また肺転移、骨転移などに対しは
マイクロカテーテルを用いて
動脈塞栓術、持続動注化学療法を検討します



進行癌で肝臓の予備能力が良い場合は
ソラフェニブを補助的に加える事を
考慮しますが、
ソラフェニブが主になる事はありません



大まかな
岩本内科における
肝臓癌に対する治療戦略を書きましたが、

まとめますと、
岩本内科では
集学的に肝臓癌の根治をまず目指す
治療戦略を立てているという事になります



一筋縄ではいかない事もありますが、
たくさんの治療選択肢があるという事、
これまで培った治療経験があるという事が
岩本内科での肝臓癌治療を
支えているのです


今日も、
岩本内科で
肝臓癌治療です

3例を予定しています

さて、
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック