ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます!
2代目ガンちゃん先生です

昨日は岩本内科医院
今年の仕事納めでした


仕事納めのご挨拶は
また今度にして・・・


本日は、
岩本内科で行っている
肝臓癌の治療の
経過報告です



9月30日のブログの記事
進行肝臓癌の動注化学療法
(クリックするとリンクに飛びます)
に書かせて頂いた

関東地方の病院から
来られた進行肝臓癌の患者さんです



来院された時は、

下の画像の様に、肝臓癌が門脈という血管内、
それも門脈本幹という一番太い血管内まで
浸潤した(入り込んだ)状態でした


tiryoumae


この様な状態では
何もしないと1-2か月で
肝不全の状態に陥る危険性があります


緊急的に治療を始め、

まずは、
“New-FP療法”動注化学療法
行いました

3ヶ月の経過で
50000もあった腫瘍マーカーは
正常値-前後まで
低下



今回、
残った癌に対して

“門脈動脈同時塞栓療法”
を行いました



岩本内科に来られた時には、
完全に門脈が癌で
詰まった状態でしたが・・



今回の治療後CTを見てみますと
ほとんど癌は見えない状態にまでなりました


tiryougo


今回の治療では、

動注化学療法では
薬が届いていなかった場所に

アンギオCTを使う事で
確実に薬剤を貯留させています



これで
一旦癌はほとんど見えない状態になりました


当院来院された時の状態を考えますと、

癌がほぼ無い状態にまで持ってくることができたのは、
本当に素晴らしい事です


さすが、
“New-FP療法”と
“門脈動脈同時塞栓療法”
の組み合わせだと
我ながら
思います


まだ必ず再発してくるので、
引き続き継続して治療していく必要がありますが、

この患者様は
前医では
治療方針決定中に
手術できなくなってしまい、
抗癌剤の内服薬を渡されそうになっていた事を
考えると・・・


岩本内科に来ていただいて
本当に良かった


“New-FP療法”
“門脈動脈同時塞栓療法”


これらの治療は
日本全国でも本当に限られた施設でしか
受けることができません

二つの組み合わせとなると、
岩本内科医院くらいかもしれません


そう考えると、
来年は
もっともっと多くの
全国で肝臓癌や転移性肝癌で
困っている患者様に
広めていかねばならないと思うのです

少しでも、
そんな患者様の
手助けになれれば
ただただ
嬉しいのです



と記事を書きながら・・・

実は僕自身は
仕事納めではなくて

診療がないこの数日間を利用して
研究を進めるつもりです

さて、年末までガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!


  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック