ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日から
学会から帰ってきて、
診療を始めてます

昨日は、
気づけば一日が終わりつつあって
ブログがアップできませんでした

すみません!!



今日、ご紹介しますのは
大阪から治療に
来て下さっている方の
肝臓癌の治療経過です


今年の10月に
治療しに来られて、
今回2回目の治療を
行いました

これまで
ラジオ波治療後に
多発再発となり
肝動脈塞栓術を他院で
複数回受けらましたが、
悪くなる一方で、

当院をブログを通して見つけて頂き、
来られた経緯です



肝臓癌は
全肝に散るようにあって、
ステージ3の状態です



前回の当院での治療では
癌の栄養動脈に
一本ずつ挿入して、
門脈動脈同時塞栓療法を行いました


2回目の画像を見てみますと、
前回に比べると、
明らかに数は減っており、
治療は奏功していますが、


治療前血管造影
治療前CT


ラジオ波治療を行った周囲の部位の
再発肝臓癌を中心に
まだ残存している状態でした



今回も一本ずつ癌の栄養動脈に
マイクロカテーテルを挿入し

門脈動脈同時塞栓療法を行い、

数が多く、散らばっている箇所には
肝動注化学療法行いました


治療後CT
治療後の画像
を見てみると、
薬剤の貯留は良好で、
更に数が減ってくれる事と思います

この方の場合は、
肝硬変症もあるので、
肝臓の機能もそれほど保たれていないという
問題点があります



ですので、非常に丁寧に
治療をしていく必要があります


肝臓全体に散らばってしまった
ステージ3の肝臓癌の治療では



癌の病勢をいかに抑えるかという事と、
肝臓の機能を如何に保つかという
二つの事を意識しながら
治療していく必要があります


焦りすぎて、治療をしすぎると
肝臓の機能が駄目になってしまう危険が
あります

無理はせず、
しかし、しっかりと癌の数を減らしていくことが
大切です


それにしても・・・
ラジオ波治療は
やはり好きになれません



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
ありがとうございました。
先日はお忙しい中、新幹線の時間を気にしていただきながらのご説明ありがとうございました。なかなか一筋縄ではいかないのを実感しました。でも、少しずつ良い方向へ向かっていければと思っております。本人も、先生が名古屋での学会の帰りに様子を見に来て下さったことを喜んでいましたし、なによりも先生を信頼しているので前向きにでいられるようです。前回よりも術後がえらそうですが、ここも乗り越えて家族で支えて行きたいと思っております。これからも宜しくお願いします。
2015/12/06(Sun) 15:28 | URL | 山本 | 【編集
お返事
コメントありがとうございます。
治療を繰り返している場合は、一回の治療で劇的な効果を示さない事はよくあります。確実に一歩ずつ減らしていく事が大切です。癌治療の過程では多くの“心配”“不安”が出てきますが、その心配・不安はこちらで背負いますので、全員で前を向いて乗り越えていきましょう!
2015/12/06(Sun) 21:31 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック